« 大穴を当てるにはバカになれ | Main | 京都金杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

最後に経験が生きた


ホープフルS2017―観戦記―
トラインが積極的に先頭に立ち、サンリヴァルが2番手につけ、前半1000mが59秒6、後半が61秒8という超ハイペースで流れた。キャリアが2、3戦の馬たちにとって、かなりの激流となり、サラブレッドとしての資質が問われたハイレベルの1戦であった。現時点での完成度やスピード、スタミナに至るまで、持てる者と持たざる者の明暗がはっきり分かれた。3着までに入った馬たちはもちろん、先行して粘り込んだ4着のサンリヴァルまでは、来年のクラシックを賑わせてくれるはず。

勝ったタイムフライヤーは、様々な競馬場にて、異なったポジションで競馬をしてみたキャリアの豊かさが、最後の大一番でプラスに働いた。中山競馬場の芝2000mでこれだけのハイペースになれば最後に問われるのはスタミナであり、距離が延びて良いハーツクライの血が生きた。決して馬体の大きな馬ではないが、しっかりと鍛えられた筋骨隆々の馬体は、パワーを要する暮れの中山競馬場に合っていたということでもある。松田国英厩舎から久しぶりに誕生した大物候補であり、クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハなどの偉大な先輩たちに続いてもらいたい。

クリスチャン・デムーロ騎手は、タイムフライヤーに2回乗った経験を生かし、ラストチャンスをモノにしてみせた。早めに抜け出してゴール前で差された前走の敗戦を踏まえ、今回は後ろから行って末脚を生かす競馬を試みようとしたこととレースの流れが絶妙に噛み合って、最高の結果を出すことができた。腹を括って後方から走らせることができるのは、馬を追って伸ばせる自信があるから。今回だけではなく他のレースにおいても、C・デムーロ騎手によって見違えるような末脚を引き出された馬は枚挙に暇がなかった。

ジャンダルムは完璧に乗られて、現時点での力は全て出し切っての2着であった。道中のポジションも申し分なく、勝ちに行くためには追い出すタイミングもドンピシャであった。結果的には後ろから来た馬に差されてしまったが、あくまでも結果論である。プラス10kgの馬体重で出走してきたように、今回はさらにパワーアップされて、素晴らしい馬体を誇っていた。このペースを自ら動いて2着したのだから、距離はさらに延びても問題なく、血統的にも来年のクラシックが楽しみな馬の1頭である。

3着に入ったステイフーリッシュは、キャリア1戦でこれだけのレースができたのだから素晴らしい。道中はレースの流れに乗って走り、最後まで先に抜け出したタイムフライヤーとジャンダルムを追い詰め、この馬の素質の高さを証明してみせた。ゴール前で立て直してからはもうひと伸びしたように、最後の直線でもう少し馬を真っすぐに、きっちりと追うことができていれば、勝ち負けにすらなったのではないか。上位2頭とは、最後の直線におけるジョッキーの技術差が出てしまった。負けて強しの内容であり、キャリアを積んで、トップジョッキーに手綱が渡れば、この馬がクラシック候補の筆頭に躍り出る可能性もある。

人気の一角を占めたルーカスには、最終追い切りで落馬のトラブルがあったように、気難しい面があるのは否めない。走る能力自体は確かであるが、精神面での成長が見込めなければ、兄モーリスに近づくことは難しい。フラットレーは道中の速いペースについてゆくのがやっとで、勝負所ではすでに手応えが残っていなかった。現時点ではG1レースで勝ち負けを期待するのは難しい。

|

Comments

「トップジョッキーに手綱が渡れば、この馬がクラシック候補の筆頭に躍り出る可能性もある。」

やっぱ中谷騎手だとステイフーリッシュのポテンシャルは発揮できませんかね…。矢作厩舎含めた皆の思いは中谷に大きいところを勝たせたいと言うことかと思いますが…。
それは馬主が許さないですよね。次はデムーロあたりに乗り代わりかな…。寂しいけど仕方ないですよね。。。

Posted by: ゆとり世代 | December 30, 2017 at 12:52 PM

ゆとり世代さん

こんにちは。

今回は展開も向いただけに、もったいない競馬をしてしまいましたね。

勝負どころから、1、2着馬とはジョッキーの経験や技量の差が出てしまった感じでした。

厩舎の想いは分かりますし、私も中谷騎手に期待しているので続投しても良いかなと思いますが、最終的に馬は勝たないと報われませんからね。

そのあたりが競馬の難しいところでしょうし、これだけ多くのトップジョッキーがいる以上、中谷騎手が乗り続けるためには勝ち続けなければならないと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 31, 2017 at 10:43 AM

Post a comment