« チャンピオンズCを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 怪物カネヒキリのあきらめない強さが生きるチャンピオンズC »

最高の出来で本番を迎えられるゴールドドリーム:5つ☆

サウンドトゥルー →馬体を見る
7歳馬とは思えない筋肉の柔らかみがあり、昨年からの衰えは感じさせない。
とはいえ、腹回りには余裕があり、もうひと絞りほしい馬体であることも確か。
Pad4star

ノンコノユメ →馬体を見る
一時期のスランプから脱したかのように思える、凛とした立ち姿を誇る。
線の細さは残ってはいるが、ようやく5歳にして筋肉が十分についてきた。
Pad3star

グレンツェント →馬体を見る
トモがやや落ちているように映るため、力強さという点では物足りなさがある。
前後躯にはきっちりと実が入っているため、この馬なりには力を出し切れるはず。
Pad3star

ロンドンタウン →馬体を見る
重心は低いが、胴部に伸びが出てきて、距離は中距離以上がベストであろう。
冬場にもかかわらず、毛艶は素晴らしく、海外遠征帰りでも体調は問題ない。
Pad3star

ゴールドドリーム →馬体を見る
若駒の頃から春シーズンにかけては、前後のバランスが悪い面もあったが解消された。
筋肉のメリハリも素晴らしく、毛艶も良く、最高の出来で本番を迎えられる。
Pad5star

アポロケンタッキー →馬体を見る
いかにも重厚な先行馬らしく、重心が低くて、筋肉量の豊富さでは上位に入る。
腹回りには余裕があるが、胴部にはしっかりと伸びがあり、いかにも走りそう。
Pad3star

テイエムジンソク →馬体を見る
ダート馬らしからぬスマートなシルエットを誇り、芝でもある程度は走りそう。
パワーで押すというよりは、スピードとその持続力で他を圧倒するタイプである。
Pad45star

ミツバ →馬体を見る
欲を言えば、もう少し筋肉のメリハリがほしいところだが、現時点でも走れる仕上がり。
凛とした立ち姿であり、調子の良さが伝わってきて、この馬の力は出し切れるはず。
Pad4star

カフジテイク →馬体を見る
短距離ダートの追い込み馬というイメージを覆される、馬体全体のシルエットがある。
胴部に伸びがあって、1800mの距離はこの馬にとってはベストであろう。
Pad45star

ケイティブレイブ →馬体を見る
前駆の盛り上がりが素晴らしく、いかにもパワーを前面に出して走るタイプの馬体。
毛艶は光り輝いて素晴らしいが、表情から気の難しさが伝わってくるのが残念。
Pad4star

コパノリッキー →馬体を見る
ここ数年の馬体と比べてもそん色ない仕上がりであり、叩かれた効果は出ている。
ふっくらとして、気持ちも落ち着いて、一時期のスランプは完全に抜け出している。
Pad4star

アウォーディー →馬体を見る
腰高に映るシルエットだが、前駆には力強さが溢れ、決してトモが弱いわけではない。
前駆に比べてしまうと、トモの実の入りが足りないが、ほぼ完璧に近い仕上がり。
Pad45star

|

Comments

治郎丸さん いつもお疲れ様です(^^;予想的中おめでとうございます。自身は残念結果でした。あとは有馬記念に賭けようと思います(^^;

Posted by: ユビキタス | December 04, 2017 at 09:20 PM

ユビキタスさん

ありがとうございます。

近走の成績はふるいませんでしたが、馬体だけを見るとゴールドドリームは抜群でしたね。

それにしてもムーア騎手の隙の無い騎乗には痺れました。

有馬記念も共に頑張りましょう!

Posted by: 治郎丸敬之 | December 05, 2017 at 10:19 AM

Post a comment