« 中山芝2500m | Main | ノーザンファームに始まり、ノーザンファームに終わりそうな2017年 »

最高の出来にあるシャケトラ:5つ☆

キタサンブラック →馬体を見る
若駒の頃は線の細かった馬体だが、古馬になってから筋肉が付いてきた。
筋肉量と全体のシルエットの美しさの絶妙なバランスが取れ、あとは気持ちだけ。
Pad4star

サトノクラウン →馬体を見る
外見上はいつも良く見せる馬であり、今回も馬はきっちりと仕上がっている。
やや重心が低いため、距離延長はプラスではないが、賢い馬なので問題ない。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうとパワー不足は否めず、距離適性にも不安がある。
肩が立っているため、どうしてもピッチ走法になるが、運動神経の良さでなんとか。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
ステイヤーにしては馬体にボリュームがあり、相当なパワーを秘めているのも確か。
前走後の疲れはなく、むしろ腹回りには余裕があるように、もうひと絞り必要だろう。
Pad3star

ミッキークイーン →馬体を見る
前走のエリザベス女王杯と比べると、明らかに馬体は良くなってきている。
あとは力関係だけだが、この馬の力を出し切れたら、あっと言わせる可能性も。
Pad4star

サトノクロニクル →馬体を見る
3歳馬だけにまだ全体的なバランスの悪さは目につくが、毛艶は冴えている。
仕上がりや調子は良さそうで、あとはどこまで食い下がることができるか。
Pad3star

スワ―ヴリチャード →馬体を見る
もともとしっかりした馬体の馬だが、夏を越して全体的にゆとりが出てきた。
それに伴い、馬の精神面も余裕が出てきたのか、表情が落ち着いていて良い。
Pad4star

シャケトラ →馬体を見る
付くべきところに筋肉がついて、いかにもパワー溢れる重厚感を誇っている。
この馬自身としては最高の出来にあり、この馬も一発の可能性を秘めている。
Pad5star

ヤマカツエース →馬体を見る
昨年や今年の春に比べると、やや筋肉が硬くなり、ゴツゴツしている感はある。
一時期のピークは過ぎたのかもしれないが、表情からは闘争心は失われていない。
Pad3star

レインボーライン →馬体を見る
このメンバーに入ると、どうしても幼さを残して映る馬体であるのは仕方ない。
とはいえ、この馬なりに成長してきており、少しずつバランスが良くなってきた。
Pad3star

サウンズオブアース →馬体を見る
前駆の盛り上がりが素晴らしく、いかにも鍛え上げられたマッチョな馬体を誇る。
顔つきも良く、毛艶もこの時期にしては冴えていて、体調自体は最高だろう。
Pad3star


|

Comments

Post a comment