« 美しい目をしたロードカナロア産駒を狙う | Main | 有馬記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

この馬ばかりは違う


朝日杯フューチュリティS2017―観戦記-
外枠からケイティクレバーが飛び出し、その後にファストアプローチが続いた。1番人気のダノンプレミアムは好スタートから先頭に立ちそうな勢いで先行し、内の2番手の絶好のポジションを確保した。前半マイルは47秒2、後半が46秒1という典型的なスローペースとなり、馬群の外を回した馬や後ろから行った馬にとっては厳しいレースであった。

3馬身半差の圧勝を飾ったダノンプレミアムは、あらゆる条件が噛み合って、持てる力を十全に出し切った。スタートが良く、二の脚も速く、それでいてスッと抑えられる賢さがあり、レースの中で最もロスの少ないポジションを走ることができた。枠順やペースなどの運を味方につけられるのも実力のうちではあるが、勝ってくださいと言わんばかりのレースであり、これでは他馬は太刀打ちできない。手脚が長く、胴部にもゆとりがあり、馬体的にも精神的にも決してマイラーではない。朝日杯フューチュリティSはクラシックにつながりにくいが、この馬ばかりは違うと思わせてくれる逸材である。

ステルヴィオは道中前が壁になったり、外を回してしまったり、最後の直線では他馬と接触する場面もあった中、それでも最後は2着を確保したように、勝ち馬に迫るだけの実力はあることを証明した。着差こそ開いてしまったが、完敗というほどではない。勝ち馬が最も効率的なポジションで勝利を収めたのに対し、この馬は最も効率の悪い走りで連対を確保したのだから、来年にかけての成長力次第では逆転も可能である。馬体的には、ダノンプレミアムほどの大物感はないが、新種牡馬ロードカナロア譲りのバランスの良さがあり、距離は2000mぐらいまでならば延びて良さそう。

タワーオブロンドンは距離に不安がある中、クリストフ・ルメール騎手が距離ロスを最小限に抑えた騎乗をして3着まで持ってきた。コロンとした馬体であり、マイルまでがギリギリといったところか。短い距離でこそ、この馬の爆発力が発揮できる。ケイアイノーテックは休み明けの前走をひと叩きして、G1レースでも走れる仕上がり。この馬はマイルがベストであり、現時点での持てる力は出し切っている。

ダノンスマッシュはやや出遅れてしまい、後方からのレースを強いられることになった。乗れていないことは、大舞台のここぞというタイミングで出てしまうのだろうか。慌てずに内ラチ沿いを追走したリカバリーの方法は正しいが、先行力のある馬だけに、持ち味を生かすことができなくなる出遅れはまさに痛恨であった。

今回のレースを観る限り、年末のホープフルSを使っても勝てた馬はダノンプレミアムだけだろう。2着以下はやはりマイルが合っているスピードタイプであり、今後、前者はクラシック路線、後者らはNHKマイルCを目指してゆくのではないか。

|

Comments

Post a comment