« 京都金杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | パワー・スタミナ・器用さのある中山競馬場向きの馬を狙え »

馬体が充実してきたダイワギャグ二ー:5つ☆

★京都金杯
レッドアンシェル →馬体を見る
この厳寒期にかかわらず皮膚が実に柔らかそうで、好調を維持している。
筋骨隆々のパワータイプではないが、馬体全体のバランスが良い。
Pad45star

クルーガー →馬体を見る
こちらは前駆が特に力強く、筋骨隆々のパワータイプの馬体を誇る。
腹回りに余裕はあるが、表情は良く、筋肉のメリハリもあって調子は良い。
Pad4star

アメリカズカップ →馬体を見る
早熟な馬であったのか、3歳時より大きな馬体的成長はなく、幼さを残している。
馬体全体のバランスは良いため、マイル前後の距離まではこなせるだろう。
Pad3star

ラビットラン →馬体を見る
明け4歳馬とは思えないほどに、筋肉の量が増えてきて、古馬としての体型に。
リラックスして立てており、全体のシルエットもそれゆえ美しく力を出し切れる。
Pad4star

カラクレナイ →馬体を見る
胴部に長さがあるように、体形的には決して短距離馬ではないが、気性面がどうか。
首が細く映るように、全体的にも線の細さが残っていて、パワー不足は否めない。
Pad3star

ウインガ二オン →馬体を見る
胴部には十分な長さがあるが、手脚は若干短くて、重心の低い馬体を誇る。
ステイゴールド産駒にしては落ち着いた表情で、オンオフの切り替えができる。
Pad4star

ストーミーシー →馬体を見る
パッと見た感じだと、全体的に線の細さを感じさせ、好走するにはパワーが足りない。
毛艶はそれほど良くはなく、トモの実の入りも物足りなさを感じる。
Pad3star

★中山金杯
ダイワギャグ二― →馬体を見る
いかにも菊沢厩舎らしい馬体の重厚感で、古馬になって馬体が充実してきた。
前後のバランスから毛艶、そして筋肉のメリハリに至るまで素晴らしい出来。
Pad5star

ウインブライト →馬体を見る
皐月賞は外枠に影響されてしまい凡走したが、中山競馬場は得意とする部隊。
古馬になってから馬体を大きく見せるようになり、成長著しい。
Pad45star

ブラックバゴ →馬体を見る
この時期にしては毛艶が素晴らしく、黒光りして映るほどで好調を保っている。
前後躯にバランス良く実が入って、申し分ない馬体に仕上がっている。
Pad4star

セダブリランテス →馬体を見る
明け4歳馬らしく、やや幼さを残している体つきで、皮膚の厚さがある。
もう少し筋肉のメリハリが出てくれば、大きい舞台でも活躍できるはず。
Pad3star

マイネルミラノ →馬体を見る
重厚感あふれる馬体と立ち姿で、いかにも歴戦の8歳馬という風格がある。
前後のバランスは取れているので大崩はしないが、馬体に勢いはない。
Pad3star

デニムアンドルビー →馬体を見る
この時期だけに仕方ない部分もあるが、毛艶が冴えずにくすんで見えてしまう。
それでも表情や目つきは穏やかで、この馬の力を出し切ることができれば。
Pad3star

カデナ →馬体を見る
胴部が長いため、手脚が短く、重心が低く見えるが、距離は2000mまで持つ。
皮膚が厚い馬体からも分かるように、スピードではなくパワータイプか。
Pad3star


|

Comments

Post a comment