« 東京新聞杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 母系からの影響を考えて、ディープインパクト産駒は狙う »

首の使い方も理想的なクルーガー:5つ☆

☆東京新聞杯
ダイワギャグ二― →馬体を見る
前走時も素晴らしい馬体を誇っていたが、今回も相変わらずの仕上がり。
やや余裕残しながら、馬が走りたいと思える状態を維持している。
Pad45star

グレーターロンドン →馬体を見る
昨年に比べて、前駆に力強さが出て、母系の影響が表に出てきている印象。
これぐらいパワーが出てくれば、もう少し先行して良いポジションが取れるはず。
Pad4star

ダノンプラチナ →馬体を見る
芦毛なので分かりにくいのと、冬の時期というのもあるが、筋肉のメリハリに乏しい。
若駒の頃は筋肉の柔らかみを見せながらも、メリハリがあっただけに、やや後退か。
Pad3star

サトノアレス →馬体を見る
少し力強く立てるようになっているが、2歳時からそれほど成長を感じられない。
欲を言えば、もう少し全体的にパワーアップしてほしく、線の細さを隠せない。
Pad3star

クルーガー →馬体を見る
前駆の盛り上がりは6歳馬のそれとは思えず、毛艶も黒光りして素晴らしい。
首の使い方も理想的で、立ち姿から走る気に満ちていることが伝わってくる。
Pad5star

アドマイヤリード →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、いかにも牝馬という線の細さが目立ってしまう。
冬毛も生えてきており、体調的にもこの馬の力を出し切れる出来にはまだない。
Pad3star

リスグラシュー →馬体を見る
線の細さや幼い体型はこの馬の特徴であり、それでもバネを生かして走るはず。
あまり馬体の成長がないが、手脚の伸びは相変わらずで距離は延びて良い。
Pad3star

☆きさらぎ賞
ダノンマジェスティ →馬体を見る
兄アルアインはパワータイプであったが、弟は馬体に軽さがあって走りそう。
全体のバランスも良く、この先、付くべきところに筋肉が付いてくれば楽しみ。
Pad4star

カツジ →馬体を見る
肩甲骨が立っていて、トモには肉付きが十分と、いかにもマイラーの体型。
この時期にしては馬体の完成度が高く、大崩することはなさそう。
Pad4star

サトノフェイバー →馬体を見る
胴部には十分な長さがあり、ゼンノロブロイ産駒らしいゆったりとした馬体。
顔つきも良く、手足の形も健康そうで、大物に育ちそうな予感がする。
Pad45star

オーデットエール →馬体を見る
尾が立って映っているように、気性的に難しさを秘めている馬である。
腹回りに余裕があるように、まだ幼児体形で完成度という点では低い。
Pad3star

スラッシュメタル →馬体を見る
血統的に長いところが合いそうで、馬体も薄くてスタミナがありそう。
コンパクトにまとまった馬体は、良くも悪くも現時点では完成度は低い。
Pad3star

レッドレオン →馬体を見る
胴部にはパワーが漲っているが、手脚がスラリと長く、意外と距離はもちそう。
アバラが浮いて映るように、ひと叩きされて、仕上がりは万全である。
Pad3star

グローリーヴェイズ →馬体を見る
首の位置が高く、全体のバランスや立ち姿としては幼さが目立っている。
胴部にもそれほど長さがなく、距離的には今回が限界ではないか。
Pad3star


|

Comments

Post a comment