« 凱旋門賞帰りの馬の狙い方 | Main | 「馬体は語る―最高に走るサラブレッドの見つけ方」が発売されます! »

前走よりしっかりしてきたサトノダイヤモンド:5つ☆

サトノダイヤモンド →馬体を見る
前走に比べて、馬の表情が冴えて、肉体的にも精神的にもしっかりした。
馬体全体のバランスは素晴らしく、やや重心の低い体型は2000m前後がベスト。
Pad5star

サトノノブレス →馬体を見る
ダイヤモンドに負けないぐらいの筋肉のメリハリを誇り、8歳馬とは思えない。
毛艶も良く、手脚もスラリと伸びて、適距離でこの馬の力は出し切れるはず。
Pad4star

ペルシアンナイト →馬体を見る
この馬も前走に比べて、馬体がメリハリを取り戻して、疲れが取れてきた印象。
決してマイラーではなく、2000mまでは守備範囲の体型である。
Pad4star

アルアイン →馬体を見る
前駆が盛り上がり、実にパワフルに鍛えられているのが伝わってくる好馬体。
ややトモの実の入りが物足りないため、いかにも先行して押し切るタイプ。
Pad4star

シュヴァルグラン →馬体を見る
休み明けということもあり、腹回りに余裕があるが、力強さは相変わらず。
それに加えて、胴部にも伸びが出てきて、スタミナ豊富な馬体の典型。
Pad3star

ダンビュライト →馬体を見る
ルーラーシップ産駒にしてはバランスが良く、それゆえにどのような競馬もできる。
毛艶も良く、きっちりと仕上がっていて、この馬の力は出し切れるはず。
Pad4star

スワ―ヴリチャード →馬体を見る
胴部にはさらに伸びが出てきて、距離はどれだけ延びても問題なさそう。
走る資質が高いため2000mでも問題はないが、もうひと絞りほしい。
Pad3star

ヤマカツエース →馬体を見る
完成してからはバランスの良い馬体を維持して、今回も相変わらずの良さ。
前駆は盛り上がって力強く、トモにも十分な実が入って、力を出し切れる出来。
Pad3star

トリオンフ →馬体を見る
線の細さを残しつつ、前駆には力強さがあり、この先さらに強くなりそう。
筋肉に柔らかみがあり、父のパワーではなく、母系の良さが前面に出ている馬体。
Pad3star

ウインブライト →馬体を見る
前駆は盛り上がって、ステイゴールド産駒らしい力強さを感じさせる。
体型的には幼さが残っていて、このメンバーに入るとやや力不足は否めない。
Pad3star

ゴールドアクター →馬体を見る
とても7歳馬とは思えない筋肉の柔らかさと毛艶の良さを誇っている。
ここに来て体調も戻ってきたようで、力を出し切って、どこまで走れるか。
Pad4star

ミッキースワロー →馬体を見る
鍛え上げられた肉体で、筋肉のメリハリが素晴らしく、闘争心も伝わってくる。
やや筋肉に硬さが感じられるため重さがあって、最後の伸びにどうつながるか。
Pad4star

|

Comments

Post a comment