« アドマイヤムーンの血の偉大さに賭ける | Main | 大阪杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

勝つべくして


高松宮記念2018―観戦記―
1番枠を生かしてセイウンコウセイが先頭に立ったと思いきや、外からダイアナへイロ―がハナを奪い、前半600mが33秒3、後半が35秒2というハイペースで進んだ。スプリントG1らしいペースとなり、極端なポジションによる有利不利はなかった。とはいえ、前に行った馬にとってはやや厳しく、後ろから行きすぎた馬は前が止まらずに苦しいレース。中団のポジションを走り、直線半ばで抜け出せた馬たちが上位を占める結果となった。

勝ったファインニードルは、勝つべくして勝った完璧なレースであった。道中は先行馬を射程圏に入れて手応え十分で追走し、外目を回っていつでも抜け出せるポジションを確保。一歩先に先頭に立ったレッツゴードンキを、ゴール前で捕らえてみせた。昨年の秋から本格化し、スプリンターズSは外を回らされて結果が出せなかったが、その勢いをそのまま今春に持ち込んだ形となった。シルクロードSは余裕残しの馬体で完勝し、ひと叩きされてマイナス8kgときっちりと絞られた今回は、G1レースを勝つに値する完璧な仕上げであった。ダーレー・ジャパン・ファームにとっても待望のG1タイトル獲得となった。日高に根付いて、日本の競馬に貢献しているホースマンたちに敬意を表したい。

川田将雅騎手の騎乗も見事としか言いようがない。常に周りの人馬たちの動向を冷静に見ながら、馬をコントロールして良いポジションを走らせている。何よりも馬を追い出すタイミングとアクションが素晴らしい。最後の直線で、静から動へとスイッチを切り替えるとき、全身のアクションとムチを実にリズミカルに使って馬を叱咤激励している。馬も川田騎手に乗せられるように最後の力を振り絞る。今回の高松宮記念でも、最後はハナ差での勝利となったが、ゴール直前にムチから手綱へと追い方の中心を移し替えている。細かい技術やリズム感が勝敗を隔てるのであって、乗れているジョッキーはさすがである。

惜しくも2着に敗れた岩田康誠騎手は、悔しくてたまらないはず。ハナ差で敗れるのが騎手にとっては最も堪える。手応えが余りにも良く、マークして抜け出そうとしたセイウンコウセイが思っていたよりも早めに下がってしまったことで、結果としては先頭に立つのが僅かに早かった。ただ、全盛期の岩田騎手であればそれでも残していたハナ差だし、逆に差し切られてしまったところに川田騎手との今の勢いの差がある。レッツゴードンキは長きにわたってG1戦線で力を発揮し続けていて、頭が下がる。牝馬のスプリンターは気性が勝っていることが多く、競走寿命が短いのが常だが、この馬は例外的な存在であり、その点では同馬主のストレイトガールに似ている。

ナックビーナスは絶好のポジションを絶好の手応えで追走し、持てる限りの力を出し切った。三浦皇成騎手も上手に導いており、完全復活を感じさせる。才能に溢れたジョッキーだけに、ひとつの勝利をきっかけにもっと上に行ってもらいたいし、そろそろ大きなレースであっと言わせる日も近い。セイウンコウセイは完璧に仕上がっていたが、気持ち速いペースで引っ張ったため、最後は力尽きてしまった。短距離の逃げ馬の宿命とも言えるだろう。1番人気のレッドファルクスは、全盛期ほど前進気勢に満ちておらず、それでも最後の直線で伸びる格好を見せたが、進路が上手く取れずに伸び切れなかった。最後に急坂があってパワーが生きる中山競馬場が最も合っている馬であり、他のコースのG1では前が止まらない。

|

Comments

Post a comment