« フィリーズレビューを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 競馬は複雑なゲームである(最終回) »

穏やかさが戻ってきている表情のアマルフィコースト:5つ☆

☆フィリーズレビュー
モルトアレグロ →馬体を見る
手足が短くて、重心が低く、いかにも短距離馬という迫力あふれる好馬体。
それにしても3歳牝馬とは思えない筋肉量で、パワーの要るレースになれば。
Pad4star

アンコールプリュ →馬体を見る
顔つきを見ると、気性の激しさが伝わってきて、細身なのは気性ゆえか。
トモと腰の肉付きが物足りず、現時点ではバネの良さだけで走っている状態。
Pad3star

アンヴェル →馬体を見る
ロードカナロアは母系の特徴を出すタイプで、この馬はいかにも短距離体型。
前後のバランスが素晴らしく、胴が詰まっているので、距離はギリギリか。
Pad3star

デルニエオール →馬体を見る
さすが血統馬という馬体で、体型的には兄オルフェ―ヴルとひけを取らない。
前駆にもトモにもしっかりと実が入って、胴部にも十分な長さがある。
Pad3star

アマルフィコースト →馬体を見る
前駆の盛り上がりは素晴らしく、しかもトモの実の入りも申し分ない。
気性的にも穏やかさが戻ってきている表情で、毛艶以外は最高の休み明け。
Pad5star

トロワゼトワル →馬体を見る
手脚がすらりと長く、こちらも母系のハーツクライの特徴が前面に出ている馬体。
馬体にまだ芯が入り切っておらず、これから少しずつ良くなっていくタイプ。
Pad3star

コーディエライト →馬体を見る
決して線が細いわけではなく、かといってガッシリしているわけでもない馬体。
付くべきところに筋肉がついてバランスが良く、現時点での完成度は高い。
Pad3star

☆金鯱賞
ブレスジャニー →馬体を見る
重心が低くて、貧相に見える馬体だが、あばらが見えて仕上がりは良い。
トモの筋肉が四角く映るように、前駆に比べて特に後躯の力強さが目立つ。
Pad3star

ヤマカツエース →馬体を見る
相変わらず筋肉量の豊富な馬体で、6歳になっても衰えを感じさせない。
寒い時期を得意とする馬だが、あえて言えば、もうひと絞りほしいところ。
Pad3star

デニムアンドルビー →馬体を見る
体型的には若駒の頃からほとんど変わっておらず、前駆の盛り上がりが良い。
それに比べると、後躯の物足りなさがあるが、とにかくパワーで攻めるしかない。
Pad3star

メートルダール →馬体を見る
ゼンノロブロイ産駒にしては、腹袋がしっかりとしていて、コロンとして映る。
どちらかというと母系の影響が出ているのか、それであってもスタミナは尽きない。
Pad4star

スワ―ヴリチャード →馬体を見る
やや左足の置き方に問題はあるが、これも走るハーツクライ産駒の特徴でもある。
昨年から大きく変わった感じはしないが、相変わらず全体のシルエットが素晴らしい。
Pad4star

サトノダイヤモンド →馬体を見る
凱旋門賞以来の実戦になるが、外見的にはほとんど仕上がっている馬体。
ただ、表情を見ると気の難しさが出てきており、どこか苦しいところがあるはず。
Pad3star

サトノノブレス →馬体を見る
どちらかというと、凱旋門賞組ではこの馬の方がリラックスして、馬体も仕上がった。
腹回りには若干の余裕はあるが、休み明けとしては力を出し切れる出来にある。
Pad3star


|

Comments

Post a comment