« 前走よりしっかりしてきたサトノダイヤモンド:5つ☆ | Main | 誰が前にいたのか、誰を前に置いたか? »

「馬体は語る―最高に走るサラブレッドの見つけ方」が発売されます!

Topimg300

私にとって全国発売される初の単行本「馬体は語る―最高に走るサラブレッドの見つけ方」が、4月4日(水)に発売されます。一口馬主のための募集時の馬体の見かたにテーマを絞りつつ、サラブレッドの馬体について基礎から体系的に書いています。ディープインパクトやロードカナロア、ハービンジャーなどの種牡馬編や極上の関係者インタビューも掲載しています。私自身も学びながら、かなりみっちりと書きましたので、馬体の見方の教科書としては、最長かつ最上のものになっていると自負しています。一口馬主やPOGなどにおける馬選びだけではなく、馬体を見て馬券を買う競馬ファンにも必読の内容になっています。

目次
Bataihakatarumokuji01

Bataihakatarumokuji02

基礎編
Bataihakatarukisohen
馬の欠点を見るのではなく、美点を見ることをテーマとして、馬体のパーツごとに具体的な見方を解説していきます。基本的なことから実践的なことまで、120ページにわたって語っています。

種牡馬編
Bataihakatarushubobahen
ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ダイワメジャー、ネオユニヴァース、ハービンジャー、クロフネ、シンボリクリスエス、ロードカナロア、オルフェ―ヴルらの種牡馬を取り上げて、走った産駒の馬体の特徴等をひも解いていきます。

関係者インタビュー編
Bataihakataruinterview01
岡田スタッドの岡田牧雄さんには超実践的な相馬の手法やスクリーンヒーロー、マツリダゴッホなどの種牡馬の産駒についても語っていただきました。また、社台ファームの下村優樹獣医師には、競走馬の疾病や怪我について、そして健康に走り続けることのできる馬の見かたについて教えてもらいました。

この本があれば、馬見に関しては全て網羅するつもりで書きました。種牡馬編については移り変わりがありますが、それ以外は10年後、20年後でも色あせない普遍的な内容になっているはずです。馬体の見かたのバイブルとして、ぜひ1冊お手元に置いてください。


Topimg300

amazonで予約を受け付け中です!

|

Comments

早速予約しました!
ガラスの競馬場の集中連載「パドックの見方」を見てから馬を見ることに重点が移り、今では競馬新聞なし、事前予想なしで、当日のパドックと父、騎手、調教師の情報のみで予想するようになりました。

これならレーシングプログラムがあれば十分ですし、地方競馬でも変わらないスタイルでいけるので毎日時間が空けば競馬を楽しんでます。
※愛馬の激走があって今年の回収率は今のところ+ですが、それを除くとまだマイナスです。。。

今度は何が僕の中にインプットされるのか、とても楽しみです!

Posted by: やっとこ | April 01, 2018 at 12:38 AM

やっとこさん

予約してくださって、ありがとうございます。

僕も地方競馬や海外競馬に行くと、事前情報なしのパドックとオッズだけで予想をしますよ。

何だかんだと頭をこねくり回すよりも、そちらの方が良く当たったりするので、競馬って難しいようで簡単で、簡単なようで難しいんだなあと痛感します(笑)

今回の本も馬の動きについてもかなり書いていますので、じっくりと読んでみてください!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 01, 2018 at 06:55 AM

治郎丸さん
こんばんは。
ご無沙汰してます。
貧乏暇なしで忙しく過ごしていました。
今日見覚えのある封筒が届き 早速拝見いたしました。
思いがけないプレゼント(勝手にプレゼントと思い込んでいます)をありがとうございました。
明日またじっくり読み返して見ようと思います。
忙しいながらも競馬はしっかり勉強してますのでご心配なく…。
ではまた改めて感想を書き込みさせていただきます。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 03, 2018 at 09:15 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

こちらこそご無沙汰しております。

封筒を覚えていてくださって、ありがとうございます。

僕からのプレゼントをぜひ読んでくださいね。

本もできれば買って、最後まで読んでくれると嬉しいです(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | April 03, 2018 at 10:23 PM

治郎丸さん
こんばんは。
先ほどTSUTAYAに行ったのですが 見覚えのある本がありました。
おー これはジローラモ(プライベートでジローラモと呼ばせていただいてます)の本ではないか!
と思わず手にとりました。
想像以上に内容が濃く、病気に関しても詳しく書いていたので馬体の教科書としての価値は十分にあるなと思いました。
10年使えるなら 安いものかと買わせていただきましたが 購入を決めた理由は ハープスターの馬体が載っていたからというのが9割は占めてます。
ハープのことが書いてるとついうれしくなってしまいます。
たくさんいるディープ産駒の中からハープも選んだなんてグッジョブなチョイスだと思います。
ハープの2016もアストライアと名前が決まりデビューする日が楽しみです。
桜花賞はラッキーライラックが中心です。
何でも今年のトレンドカラーはライラックみたいなので これはラッキーライラックは外せないと予想です。
桜の季節にライラックが全開

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 05, 2018 at 07:56 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

こんにちは。

TSUTAYAにもジローラモの単行本が置いてあったのですね!


2年間にわたって書きましたので、内容が濃いと言ってもらえて嬉しいですし、病気についても獣医師さんに教えてもらっています。

種牡馬編は移り変わりもありますので、10年使えるかどうかは分かりませんが、それ以外の部分は教科書として使っていただけますよね。

ハープスターは走るディープインパクト産駒の典型だと思っています。グッジョブですね!

今年の桜花賞も楽しみです。ラッキーライラックはどのような形で買ってくれるのでしょうか。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 06, 2018 at 06:11 PM

治郎丸さん
こんばんは。
そうなんです。まさかTSUTAYAでジローラモの本に出会えるとは思ってもみなかったです。
私の行くTSUTAYAは優駿やウマジンはもちろんありますが どちらかとゆーとギャンブル色の濃い本を扱っているので 私が読みたいと思える本はAmazonとかで買わないと手に入らないのでまさか店頭で目にするとは思ってもみなかったです。
病気に関しても言葉は聞いたことがあるけど 実際どのような状態かということは詳しくはわからないので写真も掲載されてるので わかりやすいと思います。
それに所々 カラーの文字になっているので そこも良いと思います。
改めて思いましたが 私はやはり馬体はどれだけ勉強しても苦手分野です。
知ればさらに深く競馬を知ることができるのでしょうが 私は私の競馬道を邁進したいと思います。
忙しくしてたと言ってましたが 仕事が忙しかったのでなく 自分で馬柱を作ってみようと思い 作成に入れ込んでました。Excelは得意な方なので何とか駆使して 新聞並の馬柱を完成させようと思います。
理想としては馬名を入れただけで父、母、母の父 近走成績、コース適正等々が飛んでくるってゆーのを作りたいです。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 06, 2018 at 09:00 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

TSUTAYAでジローラモですか(笑)

店頭で目にしていただいたということは、目立つところに置いてあったのですね。

今回は全国の書店に置いてもらえるように主婦の友社さんから出版をしてもらった甲斐があったということです。

通りすがりの皇帝ペンギンの競馬道の邁進に少しでもお力になれればと思います。

それにしても馬柱を作っているなんてすごいですね!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 07, 2018 at 01:03 AM

治郎丸さん
こんにちは。
またまた私ですみません。
馬柱は苦労して作らなくても新聞買えば早い話なんですがね(^_^;)
JRAーVANもあるし作って意味あるのかとも思いますが 趣味の一環として始めた次第です。
ジローラモの本は 普通に競馬コーナーに置いてあったのですが「馬体は語る」の短いシンプルな5文字ですが
白地に黒
大きめのフォント
が凄く際立ってました。
横には赤地に黒の長々とした題の本もありましたが
断然目が行きましたよ。
一見 派手な色のほうが目立つように思いますが そこは店頭に並べてみないとわからない所でもありますよね。
もちろん回りにどんな本を並べるかにもよると思いますが 色んな店で良いチョイスと思います。
「馬体は語る」って 何か「死体は語る」みたいだなぁとも思いました。
少し前に終わったドラマにアン ナチュラルというのがあったのですが 司法解剖により死因を特定するのですが 解剖医ももちろん凄いですが 死してなお 何かを伝える死体も凄いと思いました。
この観点でいくと 馬体を見れる方も凄いですが 馬体というものも凄いということですよね。
簡単に解剖医になれないように 簡単には馬体も見れるようにならないのでしょうね。
桜花賞はラッキーライラックが アンラッキーライラックにならないよう応援するのみです。
クラシックレースはどれも生涯一度の夢舞台ですが私は桜花賞が一番好きなクラシックレースです。
牝馬が一番初々しくて可憐で とにかく大好きです。
オークスにはないものが桜花賞にはあります。
花でいうと蕾の段階ですが どんな花が咲くのか未知で楽しみなんですよね。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 07, 2018 at 01:31 PM

Post a comment