« チューリップ賞を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 弥生賞は勝ってほしくないレースである!? »

若駒らしい余裕もあるダノンプレミアム:5つ☆

オブセッション →馬体を見る
手脚や胴部に十分な長さがあり、全体的にゆったりとした骨格の持ち主。
あえて言えば、トモの肉付きが物足りないが、現時点としての仕上がりは良い。
Pad3star

ジャンダルム →馬体を見る
やや腹回りに余裕はあるが、毛艶は素晴らしく、昨年の疲れは完全に癒えている。
馬体だけを見ると、パワー優先のタイプだが、前後のバランスの良さがある。
Pad4star

サンリヴァル →馬体を見る
手脚に長さがないため、重心が低く映るが、胴部にはしっかりと長さがある。
いかにもパワータイプの馬体であり、父ルーラーシップ譲りのパンチ力がある。
Pad3star

ダノンプレミアム →馬体を見る
非の打ち所がないとはこの馬体のことを言うのだろうか、休み明けを感じさせない。
付くべきところに筋肉が付いて、しかも随所に若駒らしい余裕があるのもまたいい。
Pad5star

ワグネリアン →馬体を見る
前駆が発達しているわりには、後躯は物足りないからかトモ高に映る。
耳の短さや首の細さや角度など、随所にある馬体的な欠陥は見ないふりをしたい。
Pad3star

|

Comments

Post a comment