« 馬には第6感がある | Main | 安田記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

外枠を引いたからこそ腹が決まった


日本ダービー2018―観戦記―
馬券が外れたレースの観戦記を書くのは辛いものだが、日本ダービーともなると余計に辛さは増す。心酔していたダノンプレミアムが敗れただけではなく、この馬だけには勝たれたくないと自分勝手にも思っていたワグネリアンに勝たれてしまったことが辛い。ずっと日本ダービーを勝ってもらいたいと応援していた福永祐一騎手を、一世一代のタイミングで応援できなかったのである。福永祐一騎手と共に勝利した日本ダービーではなく、福永騎手に勝たれてしまった日本ダービー。馬券を買っていたかどうかで、自分にとっての日本ダービーの意味が大きく変わってしまうのは何とも辛い。

勝ったワグネリアンの最大の勝因は、福永騎手の一連の騎乗が全て噛みあったことにある。さかのぼって行けばキリがないが、皐月賞において無理をして(馬を出して)勝ちに行かなかったことが、本番の日本ダービーで馬が引っ掛からずに、ギリギリ我慢が利いたことにつながった。皐月賞が行われた中山競馬場のコースや馬場状態を考えると、勝つためには馬を出して前にポジションをするべきであった。しかし、皐月賞でそのような競馬をしてしまうと、日本ダービーでは馬が最初から力んで行きたがる確率が高くなる。皐月賞での敗戦を受け入れても、日本ダービーで最も操作性が良くなる競馬に徹したということだ。

友道調教師が「最悪だ」と言った8枠を引いたことで、逆に福永騎手の腹は決まったのだと思う。もし内枠を引いていたら、福永騎手のことだから、それほど馬を出してはいかなかったかもしれない。勝つためには、これまでとは一変して、馬を前に出していく競馬をしなければならない。ワグネリアンのリズムに合わせて走らせると、後方から馬群の外を回らざるをえない競馬になってしまって、それでは届かない。外枠を引いて、そのことがはっきりしたからこそ、たとえ引っ掛かる恐れはあっても、馬を前に出して先行策を取ることを決意したのだ。もちろんそこには、これまでずっと馬を我慢させる競馬をしてきて、今回の日本ダービーにしてようやく馬を出していくため、それほど引っ掛からないだろうという冷静な計算もあったに違いない。日本ダービーを勝つためには、それまでのレースで教えてきたことの積み重ねに、最後の最後に運が必要であったのだ。福永祐一騎手、おめでとう。

もうひとつ付け加えておくと、ワグネリアン自身も皐月賞からダービーの間に馬が大きく変わった。負け惜しみでも言い訳でもなく、サラブレッドの資質という点においてはダノンプレミアムには及ばず、世間は過大評価していると思っていて、たしかに皐月賞まではそうだったが、日本ダービーを前にして馬がガラリと変わったのだ。それまでは馬体に硬さがあり、首にも力が入った走りになっていたが、この中間で軽さが出て、いわゆる水っぽさが抜けたのだ。ワグネリアンの成長曲線がたまたま日本ダービーと重なったのか、それとも友道調教師の仕上げの手腕なのか分からないが、これだけ本番を前にしてガラリと変わった日本ダービー馬も珍しい。

皐月賞馬のエポカドーロは、戸崎圭太騎手の好判断で先頭に立ち、あと少しで押し切れるところまで粘ったが、最後は距離適性の差が出てしまった。これだけの大舞台にもかかわらず、ハナを切っても全く動じず、道中をリラックスして走っていたように、この馬はハートが強い。パワータイプの馬だけに、距離は2000mぐらいまでがベストであり、秋は天皇賞秋を目指してもらいたい。

1番人気に推されたダノンプレミアムは、休み明けということもあり、道中の半分ぐらいハミを噛んで走っていた。レースを重ねるにつれて前に行きたがるようになってきたが、今回は距離が延長されたこともあって、我慢が利かずにスタミナを失ってしまった。ブラストワンピースも積極的に勝ちに行ったが、現時点では少しだけ完成度が足りなかった。それはキタノコマンドールも同じで、夏を越して秋になれば、また来年になれば、この世代の勢力図も今日とは大きく違ってくるはずである。

|

Comments

治郎丸さん、こんばんは。

祐一がついにやってくれましたね!

もともと人一倍、馬場を気にする騎手ですし、先週のオークスでも自身が追い込みでエルフィンSを勝っていたレッドサクヤを先行(4着)させていたことから、ひょっとして今週も先行させてくるかな?とは思ってました。

先行させて折り合わせたことと、エポカドーロがスローでコントロールしてくれたことが最大の勝因でしょうが、道中ブラストワンピースを厳しくブロックしてたことや、直線半ばでは3着馬を押し込めることで間接的にダノンプレミアムにスペースを与えなかったこともファインプレーだったと思います。

祐一にはこれで満足せず努力を続けてもらって、まだ勝ってない他の大レース(皐月賞、春の天皇賞、JC、有馬記念など)も貪欲に勝ちに行って欲しいです。ファンの端くれとしてそう願ってます。

Posted by: シンプル | May 28, 2018 at 08:23 PM

福永騎手、やりましたね!ここ5年ぐらいは現地観戦してたのですが今年は行けず自宅観戦だったのですが、この初ダービー制覇の瞬間は目の前で見たかったです(馬券は外れましたが)。

今回はダービーということでグリーンチャンネルや色んな媒体も見ましたが、ワグネリアンが水っぽさが抜けたとか、本番を前にしてガラリと変わったなんて話はどこにも出てこなかったのですが、どういうことなんでしょう。パドックでは頭高くしてフガフガしてたのでこりゃダメだと思ってしまったのですが、見る目さえあればそこで気づけたはずなんでしょうか。

Posted by: やっとこ | May 28, 2018 at 11:45 PM

シンプルさん

福永祐一がやってくれましたね。

今回のダービー勝利は、ワグネリアンがきっちり仕上がっていたことに加えて、福永騎手の積極的な騎乗が見事でした。

外枠から勝つにはこれしかないという乗り方で、本当に素晴らしかったと思います。


若いときにプリモディーネで桜花賞を勝ったときひと皮向けたように、今回こうした競馬で勝って、これからも意識してできるようになるとまた新しい福永騎手が観られるかもしれませんね。

応援していて良かったですね!

Posted by: 治郎丸敬之 | May 29, 2018 at 03:56 PM

やっとこさん

福永騎手は素晴らしい騎乗でした。

僕も単勝馬券を手にして、福永祐一騎手のダービー制覇を見守りたかったです。

ワグネリアンは皐月賞に比べて、かなり負荷をかけて仕上げられていましたので、気持ちの面では少しテンションは上がっていました。

ただそのおかげで、余裕があって立派に映っていた馬体は絞り込まれて、逆に素軽くなっているように見えました。

たとえばギャロップの誌上パドック等を見比べてもらうと、今回の立ち写真は重厚さと硬さが取れています。

僕はワグネリアンの馬体はあまり評価していませんでしたが、今回はこれまでで一番良いなと思いました。

友道厩舎はダービーに向けて渾身の仕上げを施してくるんですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 29, 2018 at 04:00 PM

治郎丸さん
おはようございます。
本命はキタノコマンドールだったので完敗でしたが良いレースでした。
ダービーは内枠有利という概念にとらわれ8枠は来ても3着と予想してました。
8枠「でも」勝てたのでく8枠「だから」勝てたのでしょうね。
最初から3着を狙っていたら 3着にしかなれないんです。

「挫折はチャンスだ。そう思える人間には。」

時々思うのですが 対極に当たるもの同士は 実はもの凄く似てるのではないかと思います。
内と外 まったく逆ですが 見方をかえれば有利が逆転するように思う時があります。
それは そういう状況が自然にやってくるのではなく 自らが作るものではないかと。
見る人が変われば 長所は短所であり、短所は長所なんです。
今年のダービーポスターに

18頭の頂点じゃない。6955頭の頂点なんだ。

と書かれていましたが そうですよね。
毎年ダービーがくると思い出すのが

「日本ダービーで18着だった馬は 一番弱かったのでなく、
その世代で18番目に強かったと思え。」

こういう考え方を私もしてみたいと思います。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | May 31, 2018 at 10:26 AM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

素晴らしいコメントありがとうございます。

まさに不利と言われて(実際にも不利な)外枠だからこそ勝てた、逆転の勝利だったと思います。

対極にあるもの同士は実は似ているのでしょうね。

6955頭の頂点ですから、ワグネリアンは凄い馬ですし、導いた福永騎手は見事でした。

物事をどう考えるかで、世の中の見えかたが180度変わってくることを教えてくれた今年のダービーでした。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 02, 2018 at 11:23 AM

Post a comment