« NHKマイルCを当てるために知っておくべき2つのこと | Main | 本日、「それ乗り競馬予想TV」に出演します! »

胴部が伸びたタワーオブロンドン:5つ☆

カツジ →馬体を見る
胴部が詰まっているように映ったが、ここにきて少しずつ長さが出ている。
筋肉のメリハリという点ではあと一歩だが、マイルの距離はギリギリこなせる。
Pad45star

ケイアイノーテック →馬体を見る
こちらはまだ子供っぽさを残している体型であり、成長の余地を含んでいる。
いかにもバネがありそうな馬体で、筋肉が柔らかく、弾力性がある。
Pad3star

ルーカス →馬体を見る
レースを使われるごとに馬体は成長を遂げているように、今回も良化している。
兄と比べてしまうとまだ幼さは残っているが、現時点でも勝負にはなる。
Pad3star

フロンティア →馬体を見る
ひと叩きされて、馬体を見る限りでは、筋肉のメリハリもついて仕上がっている。
手足が短く、重心が低く映る馬体は短距離馬のそれで、府中のマイル戦は長いか。
Pad3star

ダノンスマッシュ →馬体を見る
前駆が勝っている馬体で、ロードカナロア産駒にしては全体のバランスが悪い。
もうひと絞りできると良くなりそうだが、現時点では腹回りに緩さが残る。
Pad3star

ミスターメロディ →馬体を見る
アメリカ血統の馬だけに、この時期にして馬体は完成品の様相を見せている。
筋肉のメリハリもあって、前後にしっかりと実が入って力強さが前面に出ている。
Pad4star

パクスアメリカーナ →馬体を見る
姉ホエールキャプチャと似て、母父サンデーサイレンスが出ている馬体。
力強さがありつつも、手脚の伸びもあって、芝の切れ味勝負にも対応できる。
Pad4star

ギベオン →馬体を見る
さすが高値で取引されたディープインパクト産駒らしく、全体のバランスが素晴らしい。
顔つきを見ると気性の激しさがありそうで、スムーズに走らせることができれば。
Pad45star

テトラドラクマ →馬体を見る
間隔が開いたからか、馬体を見る限りにおいては余裕が残っていて仕上がり途上。
いかにもルーラシップ産駒らしい力強さはあり、牡馬に混じっても力は出せる。
Pad3star

タワーオブロンドン →馬体を見る
朝日杯フューチュリティS時に比べて、馬体がきっちり仕上がって胴部が伸びた。
この馬体ならば府中のマイル戦にも十分対応できそうで、さすが藤澤厩舎といったところ。
Pad5star

プリモシーン →馬体を見る
前駆に比べてトモが高く映るように、腹回りが巻き上がっていて細さがある。
毛艶は良く、皮膚にも薄さがあって、馬体から素質は感じさせるが完成度は低い。
Pad3star

|

Comments

Post a comment