« ヴィクトリアマイルを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 惚れ惚れする好騎乗 »

トモに実が入って本格化したリスグラシュー:5つ☆

リスグラシュー →馬体を見る
かつての線の細さは薄まり、トモに実が入って、ようやく本格化した。
レースセンスの良さとバネは天性のもので、毛艶も冴えて調子は抜群。
Pad5star

カワキタエンカ →馬体を見る
母父クロフネの血が前面に出てきており、いかにもパワータイプの馬体。
腹回りに余裕がなく、もう少しふっくらしてくると好感が持てる。
Pad4star

デンコウアンジュ →馬体を見る
昨年2着時と同じかそれ以上に良く見せて、年齢を感じさせない。
馬力型のメイショウサムソン産駒らしくなく、全体のシルエットが美しい。
Pad3star

ミスパンテール →馬体を見る
手脚がやや短く、重心が低く映る馬体は、マイルまでの距離を得意とする。
馬体としては安定しているため、あとは気性面の激しさがG1でどう出るか。
Pad3star

レッドアヴァンセ →馬体を見る
やや腰高に映るように、腹回りが細く巻き上がっていて、きっちり仕上がった。
いかにもスピードタイプの切れそうな馬体で、一瞬の脚をどこで使うかが鍵。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
6歳馬にして、このメンバーに入っても1、2を争う馬体の素晴らしさを誇る。
胸が深くて、前駆が力強く、パワーとスピードという点では卓越している。
Pad45star

アドマイヤリード →馬体を見る
この馬は対照的に、線の細さが目立ち、全体のシルエットには伸びがある。
マイル以上の距離でこそ良さが出るタイプで、ペース次第では連覇も。
Pad3star

レーヌミノル →馬体を見る
2歳時からそれほど大きくは変わっていないが、馬体が少し力強くなった。
これと言って強調する材料はないが、全体としてまとまっている。
Pad3star

エテルナミノル →馬体を見る
決して馬体が良くないわけではないが、このメンバーに入ると少し物足りない。
それは線の細さであり、また筋肉のメリハリの少なさである。
Pad3star

ソウルスターリング →馬体を見る
2、3歳時に見せていた輝きがやや失われ、馬体から伝わってくるものが少ない。
それでも一流馬の貫禄のある馬体であることは確かで、どこで一変しても不思議ない。
Pad3star

アロエリット →馬体を見る
前駆の盛り上がりと力強さはとても牝馬とは思えず、馬場が重ければ重いほどよい。
それに対して、トモの実の入りは物足りず、先行してどこまで粘れるか。
Pad4star

デアレガーロ →馬体を見る
前駆の筋肉量は豊富で、盛り上がって、かきこみが強そうなパワータイプの馬体。
トモにも十分な筋肉がついており、安定してこの馬の力は出し切れるはず。
Pad3star

|

Comments

上位二頭
安田記念参戦らしいですが、
牡馬に通用しそうですか?
瞬発力勝負の馬場になれば、
良い勝負しそうですが。

Posted by: ライアン | May 14, 2018 at 09:33 AM

ライアンさん

こんにちは。

今日のレース内容では、2頭とも牡馬の一線級では通用しないと思います。

ここまでのスローになることはないでしょうし、今年の安田記念はなかなかの好メンバーが揃っていますから。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 14, 2018 at 01:56 PM

Post a comment