« プロキオンSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

君の名は

Yuichi

熱狂的というわけではなく、どちらかというと付かず離れずという表現が適切だろうか、福永祐一騎手をデビューの頃からずっと応援してきた。その名前の由来を知って、彼を応援しないわけにはいかないと思ったのだ。私の敬愛するミスター競馬と称される野平祐二騎手の祐と、日本競馬史上に残る偉大なジョッキーである父福永洋一騎手の一を取って、彼は名付けられた。彼がジョッキーになるのは運命であり、必然でもあった。ただそうした大きな期待が、彼にとっては大きな重圧や失望となり続けたこともまた事実である。なぜなら彼は野平祐二や福永洋一ではなかったからだ。

どの世界においても、努力の上に才能がある。努力し続けることができるのも才能のひとつだが、頂点を極めるためにはそれ以上の才能が求められる。努力だけでは如何ともしがたい才能である。頭脳でも肉体でも精神でも、ある世界を極めようとすると、そうした自分にはない種類の才能を持った人間が目の前に現れる。どれだけの時間を掛けて努力しても敵わないと悟ったとき、私たちは夢をあきらめて彼らを応援する立場に回ったり、別の生きる場所を探したりするだろう。でもそうはできない人間もいる。その世界で生きることが定められている人たちである。

自分が生きていかざるを得ない世界で、自分には才能がないと知ることはどのような気持ちだろうか。自分にトップに立つ人間が持つ輝きがないと悟り、騎手を続ける気持ちを失ってしまったこともあったに違いない。私たちには見えないところで、福永祐一騎手の心は右往左往していたはずである。それでも彼はいつしかジョッキーを続けることを選んだ。ただ続けるだけ、辞めないだけではなく、ジョッキーとしてできる限りの努力をしようと決心したのだ。藤原英昭厩舎の門を叩き、プライドを投げ捨てて、馬乗りの基本から学んだ。初心に帰り、動作解析やプロのトレーナーをつけ、フィジカルトレーニングを積み、科学的なアプローチで騎乗姿勢を見直し、安定化させた。

今年のダービーの最後の直線で、福永祐一騎手がワグネリアンを追う姿には、そんな彼の努力が凝縮されていた。勝ちたいという気持ちが先走って、少しだけ姿勢が浮いているように見えるのは愛嬌だが、あれだけの状況でも基本に忠実に馬に負担を掛けないように追うことができたからこそ、最後のひとムチに応えて、ワグネリアンがグッと伸びてくれたのだ。もちろん、道中のポジション取りも、馬の御し方も、脚の溜め方もパーフェクトであった。何よりも大一番で、馬を出していく決断をし、実行に移した最後の決め手は、福永祐一騎手の日本ダービーを勝ちたいという強い気持ちであった。それは努力をし続けてきたことで鍛えられた心であり、彼の強い心は才能がない人間による努力の賜物なのである。私には、福永洋一と野平祐二の名を継ぐ福永祐一が輝いて見える。

Photo by fakePlace

|

Comments

治郎丸さん、こんにちは。
いつかお時間が許せば福永祐一について書いてくださったら嬉しい・・・と図々しいお願いをしましたが、こうして本当に書いてくださって嬉しいです。ありがとうございます。

著作などで祐一についてことあるごとに辛辣な言葉を投げかける元・騎手がいます。(それでもダービーを勝った時は手放しでほめてくださいましたが)
恥ずかしげもなく「祐一は俺より勝ってるけど俺よりいい馬に乗ってる」などという彼ですが、その彼の現役時代の言動や足跡が、逆にある世界でトップに立つこと、立ち続けることの難しさを証明してると思うのです。

武豊という巨大な壁に対して、本気で彼からリーディングを奪おうとして、またそこから逆算してどのような努力をすべきか?を考えて実行した騎手は5人もいないと思います。一時期はいわゆる「小原軍団」(強力なエージェントによる馬争奪)のエースだった四位騎手などは「いざリーディング争いが続くとどんなレースも気を抜けなくてつらかった」と、自ら頂点争いを放棄しました。件の元・騎手も一時期はリーディング2位3位あたりの常連でしたが「上に凄すぎる人がいるから俺は実質リーディングや(笑)」と、努力を放棄しました。

祐一も武豊との勝負を放棄しかけて、調教師を目指そうと考えてた時期もあったそうですが、岩田騎手に「一緒に打倒ユタカさんで頑張ろうよ!」と励まされて、治郎丸さんがおっしゃられた努力を始めたそうです。

「なんでも試してみる」のも一種の才能ではないか?と思えます。野球の桑田真澄投手は「自分には努力する才能があった」と言ってます(彼が天才か努力家かはさておき)

祐一が、馬に乗った経験のない動作解析のコーチの門を叩いた時、嘲笑する先輩が数人いたと言います。想像ですが、件の元・騎手などがその筆頭ではないかと思ってます。良くも悪くも騎手らしい職人肌というか、兄貴分の田原騎手の教え絶対で、経験則に寄りかかって進歩しなかった人ですからね、彼は。

今では祐一が結果を出したことで、同じコーチの門を叩く騎手が急増してると言います。森一馬、菱田などの若手もですし、和田騎手もここに来て大きく成績を上げて来てます。初めは嘲笑されたメソッドも、祐一に続いての和田騎手の浮上で実は効果が立証されつつあります。

落馬事故の腎臓の影響もあってこれから先、決して残された時間は多くないでしょうが、彼の努力の成果をしっかり見守っていきたい。ファンの端くれとしてそう願っています。

Posted by: シンプル | October 03, 2018 at 10:41 AM

シンプルさん

こんにちは。

僕も福永祐一騎手を応援する者のひとりとして、彼の日本ダービー制覇は嬉しいですし、ここで書かなくていつ書くのかと思いました(笑)

私にとって、彼の年齢や成長を感じることは、すなわち自分自身の年と変化を感じることでもあります。

僕たちも彼と同じく、時間をかけて、ここまでやってきたという思いがあります。

大げさに言うと、共に競馬を生きてきたということです。

それを一流半ぐらいの技術しかなかった元ジョッキーや良い馬を回してもらうほどに人望がなくて調教師になろうとする騎手がとやかく言うのはお門違いだと僕も思います。

言うのと実際にやるのとでは、そこにかけてきた時間が違いすぎるのです。

武豊騎手もそうですが、1日でも長く、彼らにはトップの世界で活躍してもらいたいと願っています。

Posted by: 治郎丸敬之 | October 05, 2018 at 03:24 PM

Post a comment