« 函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main

ダメージが抜けているかどうか

Jiromaru

ケンタッキーダービーから始まり、2週間後のプリークネスステークス、3週間後のベルモントステークスと続く、アメリカ3冠レースも苛酷ですが、2000mの皐月賞から始まり、2400mの日本ダービー、そして夏を越して3000mの菊花賞と連なる日本の3冠レースもまた違った意味において苛酷です。特に、スピードが重視されている現代のサラブレッドにとって、3歳秋の時点で3000mの長距離レースを走ることは簡単ではないはず。しかも雨が降って馬場が重くなってしまったりすれば、字ズラ以上のスタミナと精神力を問われる厳しい試練になることは間違いありません。

馬にとって最もダメージが残ってしまうのは、以下の3つの条件下で行われるレースです。

1、 長距離戦
2、 不良馬場
3、 レコード決着

ここで言う長距離戦とは、3000mを超えるレースのことを指します。前述したように、スピード化が進む現代の競馬において、長距離戦を走るために生産・育成された馬は珍しく、ほとんどの馬は本質的にはマイル前後を得意とするスピード馬です。そのような馬たちにとって、さすがに3000mを超えるような長距離のレースを完走することは容易ではありません。

本質的には合わない距離のレースを走ると、それだけダメージが残ります。自分の慣れた環境や得意とする舞台であれば感じなかった肉体的・精神的疲労が、そうではない状況下においては尾を引くのは私たち人間も同じではないでしょうか。たとえば、菊花賞を勝った馬や最後まで力を出し尽くして激走した3歳馬が、しばらくの間、目に見えない疲れを引きずって勝ち切れなくなってしまうという現象は毎年のように見られます。現代の日本馬たちにとって、3000mを超える距離のレースはそれだけで苛酷なのです。

不良馬場で行われるレースは、単に走りにくいという理由で、字ヅラの距離以上のスタミナを要求され、肉体的・精神的な疲労も想像を絶します。いつもとは違うフォームで走ったり、必要以上に力を入れて踏ん張ったりすると、あとから身体がガタガタになっていることに気づくことは私たち人間も同様でしょう。

ただでさえ走りにくい中、前を行く馬たちが蹴り上げる泥や芝生の塊が飛んできて顔面を直撃するのですから、レース自体が嫌になってしまう馬もいるかもしれません。そもそも不良馬場を得意とする馬などいません。本質的に合わない馬場を無理して走ったことでダメージが残ってしまうのです。

レコード決着とは、単に硬い馬場で行われたレースということではなく、極限のスピードが問われるようなパンパンの馬場において、全体的に速いラップを刻んだ、内容的に厳しいレースということ。ラスト3ハロンだけの競馬であれば消耗は少ないのですが、スタートからゴールまでしのぎを削るような激しい争いをしてのレコード決着を制する、またはその争いに加わることはサラブレッドの肉体をむしばむのです。

昨年(2017年)の菊花賞は上記の2つ(長距離戦であり不良馬場)に当てはまる苛酷なレースでした。勝ったキセキが未だに復活できていないのは、肉体的にもそうですが、精神的に燃え尽きてしまったことにも原因はあるのではないでしょうか。トリコロールブルーも母父がスピード馬のPivotalであり、3000m戦は間違いなく長かったはずですが、無理をして激走しなかった分、回復も早かったのかもしれません。菊花賞後に2連勝を果たし、休み明けの鳴尾記念では3着と好走しました。精神面に関しては外に表れにくく、見極めにくいという難しさがあるため、まずは肉体的に回復しているかどうかを見るべきでしょう。

函館記念2018出走時
http://www.keibado.com/keibabook/itw/photo06.html

牡馬にしては腹回りがやや巻き上がり気味に映りますが、皮膚は柔らかく、筋肉はふっくらとしていてリフレッシュされた状態を保っています。前走を叩いて、今回は肉体的にも精神的にも走れる状態に仕上がりつつあります。札幌記念まで見据え、今回はどれぐらいの仕上げになるのかがポイントです。友道調教師はマカヒキやワグネリアンを究極の仕上げで日本ダービーを勝たせたように、ここぞと狙いを定めて勝ちにいく手腕には目を見張るものがあります。最終追い切りは上々の動きでしたが、今回は90%ぐらいの仕上がりで臨めるのではないでしょうか。札幌記念とセットでこの馬は狙ってみたいと思います。


Hakodatekinen2018wt

|

Comments

Post a comment