« 新潟2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 小倉2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

馬体は上部構造、血統は下部構造

Jiromaru

先週、札幌競馬場に行ってきました。サマープレミアムセールに行くついでに、前泊して札幌記念を観るために足を運びました。札幌競馬場を訪れるのは15年以上ぶりで、今の札幌競馬場は僕が知っている札幌競馬場とは全く違いました。ただの地方の競馬場でしたが、今は中央競馬(JRA)の競馬場になっていて驚きました。

エントランスには大きな写真が飾ってあり、競馬やサラブレッドの美しさを演出しています。パドックや馬の花道には華があり、かつシンプルなつくりです。赤レンガの外壁やスタンドの中に入っているお店も豪華でおしゃれでした。この日は肌寒いぐらいで、絶好の競馬日和でした。

Sapporo01

Sapporo02

Sapporo03

メインの馬券は外してしまったのですが、札幌記念は見応えのあるレースでした。距離不安があったにもかかわらず、ハイペースの中、福永祐一騎手はサングレーザーを駆って、中団を攻めて勝ちに行きました。直線は前が開かずに苦労しましたが、何とか抜け出して、ハナ差で勝利を飾りました。サングレーザーも強い勝ち方でしたし、福永騎手も見事な騎乗でした。

翌日はサマープレミアムセールに参加して、生産者や競馬関係者から話を聞いて楽しみました。これは競馬のフェスみたいなものですね。たくさんの馬を見ることで、馬体を見る目を養いつつ、生産に近いところにいる人たちから情報を得る絶好の機会です。

Sapporo04

サマーセールのようなセリ市に来る人たちは、基本的にはたくさんの馬を実際に観て、歩かせてみて、比べて、購買するタイプです。どういうことかというと、血統ありきではなく、まずは馬体そのものを重視するということです。「馬体や動きをまずじっくりと見る。血統はあとから確認する程度かな」と語るタイプの関係者が圧倒的に多い印象を受けます。

それはサラブレッドにとっての身体がいかに大切かを物語っているのですが、その反面、馬体は良いのに走らないという馬もごまんといることも確かです。僕も馬券を買うときには馬体を見て決める馬体派ですが、一口馬主などで1歳馬に出資するにあたっては、実は血統もかなり重要なのではないかと考えています。

どちらが上部構造で、どちらが下部構造かというと、血統の方が下部構造なのではないでしょうか。なぜならば、馬体だけが良くて、血統は良くないのに走る馬よりも、馬体はあまり良くないけれど、血統が良いので走る馬の方が多いのではないかと考えているからです。もちろん、どちらも良ければそれに越したことはありません。馬体とはつまり、血統の積み重ねのある部分が表に現れたものなのです。

キーンランドカップに出走するトゥラヴェスーラは、父はオルフェ―ヴルの全弟であるドリームジャーニー、母はスプリンターズSを逃げ切ったアストンマーチャンの全妹です。血統的にはオルフェーヴル×アストンマーチャンと同じ構成になります。そう考えると、距離はマイルぐらいまでは持ちそうですが、父系のオルフェ―ヴルとドリームジャーニーには馬体において大きな違いがありました。オルフェーヴルはかなりバランスが良く伸びのある馬体に生まれましたが、ドリームジャーニーはやや腰高で胴が詰まっていました。ドリームジャーニー自身も有馬記念を勝った馬でしたが、オルフェーヴルとは違って、馬体はマイラーっぽかったのです。これは産駒にも遺伝するはずです。

ドリームジャーニーの仔はマイラーであり、しかも母系がスプリンターであれば、その産駒は短距離馬になるのです。トゥラヴェスーラも胴部がギュッと詰まって、コロンと映る馬体ですし、やはりマイル戦よりも1200m戦の方が力を発揮しやすいはずです。馬体と血統はかくにもつながっており、馬体は表に現れたものに過ぎないのです。トゥラヴェスーラの前走は、前残りの展開を2着に差して来ました。乗り方が難しい面はありますが、日本ダービーを勝って、ひとつ上のステージに立った福永騎手に手綱を委ねてみたいと思います。

Keenlandcup2018wt_2


|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様なんです(^^;トゥラヴェスーラは自身もヒモには推していたので最後はスタートで5分に出られず終始、外外をまわされて最後は他馬と同じ脚色になってしまいもったいないレースでしたね(・ω・`)今更ですが最近自身もツイッターでメインレースの追い切り複勝一点勝負しております。治郎丸さん勝手にフォローさせて頂きました。またこれからも治郎丸さんの予想も楽しみにしているのでよろしくお願いします(。・ω・。)

Posted by: ユビキタス | August 26, 2018 at 11:49 PM

ユビキタスさん

おはようございます。

トモの力が弱い馬なので、あのようなレースになることはある程度、予想していましたが、意外とレースが流れませんでしたね。

勝った馬は強かったのですが、後ろから行く馬にとっては苦しいレースになってしまいました。

ツイッターをやっていらっしゃるのですね。

探してフォローさせていただきます。

Posted by: 治郎丸敬之 | August 29, 2018 at 10:29 AM

Post a comment