« ハーツクライ産駒は気性によって距離を走る | Main | ローズSを当てるために知っておくべき3つのこと »

健康で強い馬を見極める方法

Hitokutibanusininaritai01

社台ファームの獣医師である下村優樹さんが、一口馬主になりたい人のために、馬体について語るブログを始めて驚いた。というのも、サラブレッドの獣医師の仕事は早朝から深夜まで、時期によっては夜を徹しての苛酷なものであるだけに、どれだけ書く内容はあったとしても、実際に書くのは難しいだろうと思っていたからだ。だから今まで、獣医師さんが書き綴ったブログなんて見たことがない。忙しくてそれどころではないのだ。しかも見てもらえば分かるが、ここまで書き込むのか、いやここまで書いていいのかと思わせる内容になっている。知識も経験も豊富な獣医師さんに、ここまで書かれては誰もがお手上げだろう。

下村さんのことを社台ファームの獣医師と称してしまったが、あくまでも便宜上であって、肩書でしかない。彼はドイツやアメリカに渡って修行を積み、日高の馬産地に戻って、現在は馬の診療業務はもちろん、母馬のお腹に命が宿る段階から、誕生そして育成、競馬場でデビューするまでの競走馬のマネージメントに日々取り組んでいる。さらに国内・海外のセリへ参加し、馬の購買も行っている。そして何よりも、彼は競馬が大好きで、好きな馬はバブルガムフェロー、メジロドーベルなど、私の熱狂時代とも重なるキャリアの持ち主であり、自らも一口馬主となって楽しんでいるほどだ。

彼とする競馬の話は尽きない。1年ほど前に、注目している種牡馬の話になり、彼はトウケイへイロ―の種牡馬としての可能性について熱く語ってくれた。「トウケイへイロ―は突然変異だと思うんです。血統は決して良いとは言えないのですが、とにかく馬体のバランスが素晴らしいんです。まさにアスリートというか、走るために必要な筋肉が無駄なくついている感じ」と言う彼の熱意にほだされ、私までトウケイへイロ―の産駒を誕生させたいと思ったほどである。種付け料30万円の種牡馬を未来の名種牡馬だと思わせるだけの気概が彼にはあるということだ。

ぜひ隅々までブログを読んでもらいたい。これまで書かれてきた記事のアーカイブも、全て目を通してみた方がいい。そこには競馬のプロにしか書けない知見が埋め込まれている。ブログは現在進行形である。彼が日々、生産の現場で感じていること、考えていることがリアルタイムで更新されていくのだろう。ここだけの話だが、私も生産現場の情報を手に入れたいときは彼に尋ねるし、自分の解釈の正しさを確認したいときは彼に聞く。現在進行形で馬券やPOG、一口馬主を楽しむ私たちは必見である。私のブログは更新頻度が少なくなってしまったが、その代わりと言ってはなんだが、彼のブログも併行して読んでもらえると嬉しい。

追伸
この度の北海道地震は馬産地にも影響を及ぼしており、どのタイミングで連絡をすべきか迷いつつ、人馬ともに無事であることを祈っています。彼がブログの記事で書いた、サラブレッドにたずさわる人々の想いや馬に勇気づけられる気持ちは、競馬ファンならばぜひ知ってもらいたいです。


☆「一口馬主になりたい人必見!競走馬の生産者が考える! 健康で強い馬を見極める方法」はこちら

Hitokutibanusininaritai01

|

Comments

素晴らしいブログをご紹介いただき、ありがとうございます。
「走る走らないはプロでもわからないのだから・・・」と諦めモードになりかけていたのですが、わからないなりにしっかり馬を見て出資していこうと思えました!!

私の数少ない成功体験との共通点は、「人形だけでなく、馬も顔がいのち」ということかな。

Posted by: Masaki Yoshio | September 17, 2018 at 07:05 PM

Masaki Yoshioさん

どういたしまして。

馬産の専門家がここまで詳しく書いたブログは古今東西なかったですし、これからもないと思いますので紹介させていただきました。

もちろん、馬体だけから全てが分かるわけではありませんが、馬を見ようという気持ちが大切なのでしょうね。

僕も馬の顔はいのちだと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | September 20, 2018 at 10:19 AM

Post a comment