« ジャパンカップを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 秋華賞よりも楽な競馬で勝った »

2頭の名牝を分かつもの

Jiromaru

エアグルーヴから始まる僕の名牝物語は、ウオッカやダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナと続き、そしてアーモンドアイに受け継がれていきます。もちろん、ここに挙げた馬以外にも、名牝と呼ばれるべき存在の牝馬たちはたくさんいますが、僕の中でのひとつの基準となっているのは、牡馬と戦っても引けを取らなかったばかりか、牡馬をも圧倒したということです。

ここで突っ込みが入るのは百も承知です。アーモンドアイは桜花賞、オークス、秋華賞と、まだ牝馬3冠レースを制したばかりで、牡馬の一線級と交わったことがないではないかと言われても仕方ありません。たしかにそうなのですが、僕にとっては、アーモンドアイが牡馬に通用するかどうかは問題ではなく、すでに名牝の殿堂入りを果たしてしまっているのです。つまり、牝馬や牡馬といった次元を超えていると考えているということです。

先ほど挙げた名牝たちの中にも、様々な馬体のタイプの牝馬がいます。エアグルーヴやウオッカは牡馬顔負けの肉体を有して、牡馬と真っ向からぶつかって勝利を重ねました。ダイワスカーレットは兄ダイワメジャーの女性版という感じで、牝馬らしいところを残しつつありました。ブエナビスタは牝馬らしい線の細さがあり、バネの良さと柔らかさ、気持ちの強さで勝負しました。最も記憶に新しいジェンティルドンナは、姉ドナウブルーをふた回りは大きくしたのではと思えるほどの、筋肉が発達した見事な馬体を誇っていました。

それに対して、アーモンドアイはこれらの名牝の中でも、実に牝馬らしい、どこにも大げさなところはないにも関わらず、走ることだけに特化したような、無駄のない馬体です。正直に言うと、アーモンドアイということを伏せられて馬体だけを見せられたとしても、特段に良いとは思えず見落としてしまうはずです。シルクホースクラブのパンフレットを引っ張り出してきて、アーモンドアイの1歳時の写真を見てみたのですが、やはり何度見ても、あの頃に戻ってみても、アーモンドアイに出資する自信はありません。

最近の名牝2頭、ジェンティルドンナとアーモンドアイを比べてみても、これだけ時代が近いにも関わらず、まったく異なるタイプの名牝であることが分かります。ジェンティルドンナは牝馬3冠レースを獲得したのち、ジャパンカップに挑戦し、あのオルフェーヴルとの壮絶な叩き合いを制して頂点に立ちました。あのレースの直線の攻防は今でも覚えています。ジェンティルドンナが内からオルフェーヴルを張り出すようにして先頭に立ち、そのまま抜かせなかったのです。オルフェーヴルは凱旋門賞を2年連続で2着した最強の牡馬ですよ。それを3歳牝馬が弾き出して勝利するなんて、競馬関係者にとっては驚き以外の何ものでもありません。それほどに肉体的に強い馬であったということです。

アーモンドアイは決してそのようなタイプではありません。牡馬と肉体的に真っ向勝負を挑んで勝つというよりも、バネの強さや身体の柔軟性を生かした走りで、とにかく脚の速さが抜けているため、スピードに乗り始めると誰もついてこられないのです。ある種、ディープインパクトに似た、突然変異的な脚の速さ。ジェンティルドンナが牡馬と同じポジションで、同じようなタイミングで動き、同じように直線でゴールを目指すのに対し、アーモンドアイは馬群から少し離れたところを後ろから進み、勝負どころから一気にスパートをかけて、最後の直線では1頭だけ外を走って突き抜ける。そのような競馬で牡馬を負かすはずです。

アーモンドアイとジェンティルドンナ、牡馬を相手に勝利することは同じでも、肉体的な違いが勝ち方の違いにつながるということです。名牝アーモンドアイにはアーモンドアイらしい勝ち方を極めてもらいたいと願います。

Japancup2018wt


|

Comments

治郎丸さん
おはようございます。
今のところアーモンドアイかサトノダイヤモンドかなと予想です。
アーモンドアイは実力に加え斤量的にも有利ですし 楽しみです。
近年だとシンハライトとジュエラーの桜花賞も好きな戦いでした。
たとえ自分が応援していなかったほうの馬が勝ったとしても あんなシーンを魅せられると どっちがどっちでもいいやと思えてきます。
今日はグリコのアーモンド効果を爆買いして明日に備えたいです。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | November 24, 2018 at 10:22 AM

治郎丸さん
こんばんは。
サイン馬券見つかりました。
今週はなんといっても日産のゴーン会長は外せないので
日産→2-3
このサインを推そうとすればアーモンドアイを切らねばならぬ苦渋の選択です((T_T))
あと2025年大阪万博が決定しましたから
世界の国からこんにちは。ってことで外国馬2頭も捨てがたいです。
可能性としてはサンダリングブルーのほうが怪しげです。
青枠にブルーですし。
赤枠のサトノ2頭も怪しいですが。
地方馬の参戦は09年のコスモバルク以来9年ぶりとのことなのでハッピーグリンにもがんばって欲しいですが アーモンドアイが古馬を蹴散らす姿が見たいので やはりアーモンドアイ1着固定の日産絡みと予想です。
アーモンドアイがここまで強いと新馬戦でアーモンドアイを負かしたニシノウララってどんな馬なのかと思いますね。
まだ現役のようですがニシノウララという名を知らなくてもアーモンドアイに唯一勝った馬だと聞くとなんだかすごく強い馬なんじゃないかと思えてきますね。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | November 24, 2018 at 06:56 PM

治郎丸さん
こんばんは。
アーモンドアイ強かったですね。
それほど早いように思わなかったのですが2分20秒6のレコードとは驚きました。
6着のサトノダイヤモンドまでが従来の2分22秒1を上回るタイムで走破しています。
7着のハッピーグリンが2分22秒2ですから平成元年のジャパンカップでのホーリックス、オグリキャップのタイムと同じです。
平成最初に樹立した驚きのレコードを一度はアルカセットが更新し、それを平成最後に3歳牝馬が更なる記録で塗り替える。こんな光景をリアルタイムで見れたことに感謝です。
ホーリックス、アルカセット、アーモンドアイ
全てに共通しているのがジャパンカップです。
ジャパンカップってやっぱりいいレースですね。
日本馬は勝てないと言われた時代もあったけれど
いまは世界一強い馬を作れる馬産国になったと思います。
来年は何という年号になるかわかりませんが アーモンドアイのこの記録と記憶は そう簡単には消えないはずです。
この感動に浸りつつ、もっと強い馬の出現に期待します。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | November 25, 2018 at 06:08 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

おはようございます。

日産のゴーン社長から2-3には笑いました。

さすがですね(笑)

アーモンドアイもさすがでした。

秋華賞よりも本人は楽に勝ったと思っているのではないでしょうか。

まだまだ奥がありそうなので、この後は世界に飛び出して、無事に走ってもらいたいと思います。

今年も終わろうとしていますが、競馬はやはり楽しいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 26, 2018 at 10:46 AM

Post a comment