« ダイワメジャー産駒は筋肉が柔らかいうちを狙う | Main | 有馬記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

G1は宝物


朝日杯フューチュリティS2018―観戦記―
イッツクールが先頭に立ち、前半マイルが47秒7、後半マイルが46秒2という超スローペースでレースを引導した。圧倒的な人気に推された牝馬のグランアレグリアは好スタートを決めて、そのまま2番手。それを見る形で3番手にアドマイヤマーズという隊列のまま最終コーナーを迎え、最後の直線は先行した馬たちによる争いとなった。スローペース症候群と言われ始めて久しいが、今年のG1戦線を振り返ってみると、まさにスローペース症候群ここに極まれり。とにかく前に行っていない馬たちにとっては、厳しいレースであった。

勝ったアドマイヤマーズは、序盤こそ行きたがってハミを噛んでいたものの、離れた3番手に落ち着いてからはリラックスして走れていた。早めに人気のグランアレグリアを捕まえに行き、早めに先頭に立ってそのまま押し切った。大きなフットワークの綺麗な馬であり、ゴール前では耳を立てているように、まだまだ余力のありそうな勝ち方であった。ミルコ・デムーロ騎手は「お父さんとは全然似ていない」と語ったが、馬体を併せると(後ろから馬が来ると)ファイトして伸びるという面においてはよく似ている。距離は2000mぐらいまでは全く問題ないため、あとは2歳時に4戦走らせた影響が来年の馬体の成長にどのように影響するかが心配である。

デムーロ騎手は今年これでG1レース3勝目となった。躊躇することなくグランアレグリアを捕まえに行った判断が素晴らしかった。アドマイヤマーズが長く良い脚を使い、馬体を併せると伸びる馬であることを知っているからこそ、自信を持って動けたのだと思う。勝てるときはこんなものだし、逆に言うと、それぐらいのことが勝ち負けを左右してしまうということ。「G1レースを勝つことは宝物」という言葉に込められた、デムーロ騎手の勝つことに対するこだわりや競馬に対するリスペクトは、どれだけ多く勝っても忘れてもらいたくない。それこそがトップジョッキーがトップジョッキーたるゆえんだから。

クリノガウディーは好枠を生かしてみせた。好スタートを切り、そのまま1番人気のグランアレグリアの後ろにつけ、最後の直線まで息をひそめていた。アドマイヤマーズが早めに動いたことで苦しくなったグランアレグリアが苦しくなったところを差して連対を確保した。最終コーナーで斜行のあおりを受けたのは残念だったが、勝ち馬とは手応えに大きな差があった。それでも切れ味勝負に負けた前走から巻き返して、今回は34秒ジャストで上がって、大健闘と言ってよいだろう。

グランアレグリアはグッと来るところなく敗れてしまった。アドマイヤマーズに並ばれてから抵抗することもなく、あっさり先頭を譲っただけではなく、クリノガウディーにも2番手を受け渡してしまった。スタートしてから、第1コーナーまでの間にハミを噛んでかなりの距離を走ったことで、気持ちと脚を失ってしまったのだろう。また初めての長距離輸送もこたえたのかもしれない。いずれにしても、はっきりとした敗因が見つかるわけではないため、この馬の潜在能力を測りかねてしまう。馬体的には成長の余地を多く残しているので、まずは馬をゆったりと放牧に出して、来年度を待ちたい。


|

Comments

Post a comment