« 中山芝2500m | Main | ハービンジャーの馬場 »

あらゆる条件が揃ったモズカッチャンを狙う

Jiromaru

ハービンジャー自身もそうでしたが、産駒には馬体の立派さや雄大さが強く遺伝しています。グッドルッキングホースではあるのですが、それゆえに脚元を支えるサスペンション部分に負荷が掛かりやすい。若駒の頃は、馬体の緩さも手伝って、1度好走すると、その肉体的反動が出てしまい、次走では人気になっても敗れてしまうという産駒のパターンが目立つ時期がありました。

筋肉は強くて馬格があるにもかかわらず、サスペンションが緩いため、一瞬の切れ味や反応が問われるレースに弱いという特徴もあります。だからこそ、ハービンジャー産駒が得意とするのは、中山芝2000m、京都芝2000m、札幌芝1800m、阪神芝2000mという、内回りの中距離戦になるのです。好走の条件が著しく限定されてしまうことに加え、前述のように、レースを走ったあとの反動が大きいため、1着→4着→1着→8着などと好走と凡走を繰り返すのもハービンジャー産駒の特徴です。

もうひとつ、ハービンジャー産駒は気持ちで走る面もあります。産駒には癇性(かんしょう)が良くも悪くも伝わっているのでしょう。きつい馬やきかない馬が多いということでもあります。強い勝ち方をするのも気持ちの強さゆえであり、凡走をしてしまうのも気性の激しさゆえ。生まれもった性質は簡単には変わりません。そういう意味でも、ハービンジャー産駒は凡走の次のレースで狙うべきあり、好走の次は凡走を疑うべきですね。

モズカッチャンは走るハービンジャー産駒の典型です。まず脚元が軽く、ごついタイプではないため、サスペンション部分にそれほど大きな負荷が掛かりません。前走はやや重め残りでしたが、480kg台の馬体重で走ることができると、肉体的な反動は少なくて済むはずです。

ただ、札幌記念で激走をしたあと、府中牝馬Sの直前に熱発をして回避したように、そのレースで全力を出し切って、持てる力以上のものを出し切ってしまうことがあります。きっちりと仕上がっている状態での激走であれば、それほど反動も大きくないのですが、肉体的には中途半端な状態にもかかわらず思いの外頑張ってしまうと、その後が大変なのです。札幌記念は現地で観戦していましたが、休み明けの中をあわや勝ったかと思わせる見事な末脚でした。その後、反動が出た状態から立て直してのエリザベス女王杯でしたから、前走の3着は仕方ない結果だと思います。

つまり、今回の有馬記念はハービンジャー産駒の好走パターンに当てはまります。前走を不完全な状態で敗れたあとの次走は激走が見込まれます。さらに、有馬記念が行われる中山芝2500mはハービンジャー産駒が得意な舞台としている、内回り(小回り)の中距離戦です。しかも、3番という絶好の枠順を引き当て、内の2、3番手という絶好のポジションを走ることができそうです。これだけ条件が揃うことは珍しく、そんな幸運を反映するかのように、モズカッチャンの毛艶はピカピカと輝いて、馬体には斑点が浮いて絶好調です。あとは他馬との力関係だけ。最高に上手く立ち回り、モズカッチャンの力を発揮し、頂点に立ってくれることを期待して、この馬に本命を打ちたいと思います。

Arima2018wt


|

Comments

Post a comment