« ハービンジャーの馬場 | Main | ホープフルS観戦記の観戦記 »

最後にお尻の話をしよう

Jiromaru

今年最後ぐらいは皆さんの大好きなお尻について語りましょう。そんなに全力で否定することはありませんが(笑)、僕がこれからお話するのは、残念ながら人間ではなく馬のお尻についてです。尻における臀筋(でんきん)が発達していると、それだけ馬体を前に押し出すために地面を蹴る力が強くなり、速く走ることができるようになります。これだけでもサラブレッドの馬体において尻が非常に大切な部分であることが分かりますし、走る能力が目に見える形で集約されているのが尻ということです。

サラブレッドの尻ということで、真っ先に僕の頭に浮かぶのは、故戸山為夫調教師によって鍛え上げられ、皐月賞と日本ダービーの2冠を制したミホノブルボンのそれです。通常では1日3本で限界の坂路コースを、ミホノブルボンは1日5本も追われて鍛え上げられていました。後ろからミホノブルボンのお尻を見ると、他馬の2倍くらいの大きさがあったそうです。僕もパドックで実際に見たことがあるのですが、ミホノブルボンのお尻の筋肉は異常なほどに発達し、幾層の山のように盛り上がっていました。

実はここでいう尻は、馬体用語として厳密に言うと、尻と股(もも/こ)を合わせたトモの部分を指しています。尻と股(もも/こ)は一体となっているため、外見ではどこまでが尻(臀部)でどこからが股なのか、見分けはとても難しいです。あえて言うならば、背中からつながっているところがお尻で、後脚の付け根上部にある筋肉が盛り上がっているところが股にあたります。もちろん、後脚からのパワーを生み出す起点となる部分である以上、尻と股の筋肉は発達していることが望ましいです。

トモが発達しているかどうかは、馬体を後ろから見ると分かりやすいとされています。後ろから見たとき、股の部分の幅が腰角(こしかど/ようかく)のそれと同じか、それ以上に大きく張っているべきだとされます。こういう外から(横から)は見えない部分にも注目することも大切ということです。立ち写真では分かりにくいため、想像するしかありませんが、トモの部分がパンと張って、筋肉が盛り上がっているといかにも走りそうですね。

今週のホープフルステークスに出走する馬の中でも、アドマイヤジャスタのお尻は群を抜いています。もちろんトモに実が入っているだけではなく、前駆の筋肉も盛り上がり、前後の筋肉の付き方のバランスが素晴らしいですね。2歳のこの時期は、前駆はきっちりと筋肉がついているけれど、後躯には実が入りきっていない馬の方が多い中、馬体としての完成度は高いものがあります。さらに利発そうな顔つきにも好感が持てて、いかにもジャスタウェイ産駒らしいです。他にも素質馬が多く出走し、レベルの高い争いになりそうですが、お尻の大きさと馬体の完成度という点では一枚抜けている、アドマイヤジャスタに本命を打ちたいと思います。

Hopefuls2018wt


|

Comments

治郎丸さん
こんにちは。
私はお尻は普通サイズだと思います。
普通がどんなものかはわかりませんが。
馬のお尻に集中して見たことはないですが武豊騎手がハープスターはケツがデカいと言ってました。
今日 年鑑ギャロップを買いに行ったのですが なんとなんとホープフルステークスの書き下ろしに見慣れた名前があるではないですか
名前を見る前に「祐ちゃん先生が見ていたら」というフレーズ なんかジローラモぽいなぁと思ったら
えー ジローラモが書いてるー ジローラモキター 状態でした。
私事で恐縮ですがギャロップに対して意見します。
ここ数年年鑑ギャロップがめっきり薄くなったと思うんです。
2010年から毎年買ってますが 昔はもっと厚かったと思うんです。
そして ずっしりと重かったんです。
あの重みが好きだったんです。
1年分の競馬が詰め込んであるような。
コスト面やその他諸事情の関係でしょうが 昔のような厚さにできないとしても、いま以上薄くならないようにお願いしたいです。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | December 30, 2018 12:01 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

すでに買ってくれて、ありがとうございます。

しかもジローラモにも気づいてくれて感謝感激です。

僕も毎年、帰省の共にしているのですが、最近はあまり熟読しなくなっていました。

昔は穴が開くほど読んでいたのですが。

今年は自分が書いたこともあって、しっかりと読んでみましたが、やはり面白いですね。

中身は薄くなっていない気がしますが、もしかするとカレンダーが入っていた時期があった気もします。

個人的には、レース映像にQRコードで飛べるとさらに今年のレースを楽しめるかなと思いました。

また来年も楽しみましょうね!

Posted by: 治郎丸敬之 | December 30, 2018 06:45 PM

Post a comment