« January 2019 | Main

インティ、強すぎ。


フェブラリーS2019―観戦記―
武豊インティが内からスタートダッシュを決めると、外からサンライズソアは2番手に控え、あっさりと隊列は決まった。前半マイルが48秒0、後半マイルが47秒6のフラットな流れは、昨年のハイラップ(45秒8-50秒2)と比べると、このメンバーにしてはゆったりとしたペース。インティに鈴をつけに行くとバテてしまうかもと思わせる速さと強さがあるからこそ、2着に入ったゴールドドリーム以外の後続の馬たちは手も足も出せなかったというのが総評である。

インティの強さは天性のスピードにある。力んで走ってしまい、引っかかるような一本調子のそれではなく、リラックスして速く走ることができる。前走の平安ステークスもそうであったように、今回も先頭に立っても耳を絞ることなく、道中は8分ぐらいの力加減で走っていることが分かる。このようなスピード馬は、騎手としても乗りやすく、余力を残して直線に向くことができる。これで7連勝となり、唯一先頭でゴールできなかったのは初戦の未勝利戦のみ。その時は外から被せられる競馬であったので、今後、馬群に揉まれてどうかという懸念材料はあるが、スピードがありすぎて外から被せられる場面はなかなかないだろう。つまり、よほどの馬ではない限り、これからもインティをということになる。

武豊騎手は今年最初のG1レースを制したばかりか、現在24勝を挙げてリーディングの首位を走っている。エージェントの問題も大きいが、それ以上に今年の武豊騎手は本人のイメージ通りに乗れている印象が強い。この先、暖かくなって、クリストフ・ルメール騎手やミルコ・デムーロ騎手らが巻き返してくるだろうが、今の好循環を崩さないように騎乗し続けることができれば、今年こそはリーディング争いの一角に加われるはず。そうでなければ盛り上がらないし、日本の若手をもっと引っ張ってもらいたい。当たりの柔らかい武豊騎手とインティは実に手が合っており、このコンビがどこまで勝ち進めるのか見守りたい。

ゴールドドリームは、ルメール騎手にうながされるようにして好位を走り、最後まで良く伸びて、昨年の覇者である面目を保ってみせた。相変わらず馬体は素晴らしく、精神面でも安定してきたことで、確実に末脚を発揮できるようになった。暮れの東京大賞典は一頓挫あった後の一戦で万全ではなかったが、今回は1週間前の追い切りで動いたように、抜群の仕上がりでの出走となった。ルメール騎手もレースの流れを読んで、できる限り前目のポジションを攻めたが、今回は相手が速くて強かった。インティとぶつからないようにレース選択をすれば、まだまだG1を勝てるチャンスと能力は十分に残っている。

ユラノトは福永祐一騎手がコースロスなく立ち回り、実力を発揮しての3着。上位2頭とは力の差があるが、この馬自身も力をつけてきている。キングカメハメハ産駒らしく成長力もあり、今年は充実した1年になるだろう。モーニンは和田竜二騎手が積極的に乗って、4着を確保した。前が止まらない馬場を生かした、渋い騎乗であった。

話題となった藤田菜七子騎手は、コパノキッキングを後方から走らせ、最後の直線で大外から伸びて掲示板を確保してみせた。賛否両論あるだろうが、無理に抑えることなく先行させていたとしても4着が精いっぱい、もしくは大きく崩れていたかもしれない。個人的には、この馬にとっては距離が長いことを補うための後方待機であったが、馬場状態を考慮に入れると、コパノキッキングの行く気に任せて前に行った方が、見せ場はつくれたはずと思う。いずれにしても、これはオメガパフュームにも当てはまるが、古馬と同斤量で走る明け4歳馬にとっては厳しいレースになった。両4歳馬共、やや人気になりすぎた面は否めない。藤田菜七子騎手はこれだけの注目を集めながらも、最後までしっかりと騎乗できていた。あの福永祐一騎手でさえ、初めてのダービーは舞い上がって、キングヘイローで逃げてしまったのだから。

| | Comments (0)

東京ダート1600m

Tokyo1600d1

ポケットからの発走でスタート直後に80mほど芝コースを走る。外枠の方が若干長く芝コースを走ることができ、それを利して外側の馬が内側に圧力をかけながらコーナーに突入するため、内側の馬は窮屈になりやすい。ダートコースに入ってすぐの2コーナーは緩く、進路を左に変える程度のもので、実質的な第1コーナーは3コーナーとなる。そのため、スタートから第1コーナーまでの距離は670mと非常に長く、先行馬にとっては息を入れることのできない速いペースになってしまうことが多い。

それでも、フェブラリーSは1分34秒台という芝なみの速い時計で決着することが多く、前に行った馬も簡単には止まらない。全体的にペースが緩むところがあまりなく、スタートからゴールまでスピードを持続することが求められるため、スタミナがないと克服することが出来ないコースでもある。

| | Comments (0)

フェブラリーステークスを当てるために知っておくべき3つのこと

Feb


■1■スピードが求められる
平成14年以降、アグネスデジタル(マイルCS、天皇賞秋、安田記念など)、ゴールドアリュール(ダービー5着)、アドマイヤドン(朝日杯フューチュリティS、菊花賞4着)、メイショウボーラー(皐月賞3着、NHKマイルC3着)など、芝コースで実績のある馬の活躍が目立っていた時期がある。2着馬に目を移しても、平成16年のサイレントディールはシンザン記念を制していて、平成17年のシーキングザダイヤはニュージーランドTを勝っている。近年は芝のG1戦線でも十分に勝ち負けになる実力馬の参戦、もしくは転戦により、フェブラリーSの勢力図が変化してきていることは見逃せない。

なぜ芝コースで実績のある馬が、畑違いのダートG1レース・フェブラリーステークスでも同じような走りを見せることができるのだろうか。もちろん、芝コースで実績のある馬は能力自体が高いのだが、それ以外の理由として以下の2つが挙げられる。

1)東京ダート1600mのコースは、スタート直後に80mほど芝コースを走るから
2)1分35秒台で決着することが多く、スピードが求められるから

1)のスタート直後の芝コースは、確かに東京ダート1600mコース独特のものである。スタート直後80mの芝部分を利して、芝実績のある馬が先手を取って流れに乗ることが出来るということである。しかし、わずかスタート直後80mの芝部分がレースの勝敗を左右するとは思えない。とすると、2)のスピードが求められるという理由の方が大きいのではないだろうか。

東京競馬場のダートコースは砂が浅いため、冬場の時期でも、それほど力のいる馬場にはならない。平成10年は勝ち時計が1分37秒5と、非常に力の必要とされる馬場であったが、さまざまな原因が重なって起こった例外的なものと考えていいだろう。

標準的な馬場であれば、オープンクラスだとマイルで1分35秒台での決着となる。これくらいの馬場状態だと、ダート戦といってもスピードがないと勝負にならず、パワーだけで勝負する生粋のダート馬にとっては苦しいレースになるだろう。スピードの絶対値が高い馬、つまり芝コースでの実績馬が活躍するのは当然といえば当然の結果である。

■2■4、5歳馬が中心
4歳   【4・3・1・25】
5歳   【4・3・4・19】
6歳   【2・1・2・32】
7歳以上【0・3・3・53】

過去10年の年齢別の成績を見てみると、4、5歳馬から勝ち馬が8頭と、若い世代が高齢馬を圧倒している。ダートは馬が痛まないので高齢まで長く好走できるのだが、極限のスピード能力が要求されるフェブラリーSでは、スピード能力の落ちてきた高齢馬のゴマカシが利かず、ある意味において篩(ふるい)に掛けられてしまうのである。

■3■1600m以上のスタミナが求められる
スタートしてから第1コーナーまでの距離が長いため、息の入らない激しい流れになることが多い。そのため、スピードだけではなく、最後の直線でバテずに踏ん張ることのできるスタミナも必要とされる。1600mという数字以上のスタミナを要求されるのは、過去の勝ち馬を見ても明らかである。前述したスピードと、それを持続するスタミナ、そのどちらを欠いてもフェブラリーステークスを制することはできない。

| | Comments (0)

共同通信杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Kyoudoutuusinhai

■1■先行馬有利
東京1800mコースは、ポケットから発走して157mで本線に合流する。第1コーナーまでの距離が極端に短いため、無謀なポジション争いはなく、各馬が出たままの平均ペースに流れることが多い。これが「府中の千八、展開いらず」と言われるゆえんである。とはいえ、このレベルで平均よりも遅めに流れると、前に行った馬は簡単には止まらない。力のある馬であれば差して来られるが、先行馬にとって有利なレースである。

■2■瞬発力ではなく持続力&パワー
上記のように、平均ペースで前に行った馬が粘り込むというレースになりやすい以上、ヨーイドンで瞬発力ではなく、スピードの持続力の勝負になる。ビュっと伸びるのではなく、ジワジワと良い脚をどれだけ長く続けることが出来るかが問われるレースと言ってもよいだろう。先週の東京新聞杯に比べ、サンデーサイレンス系の馬の活躍が目立たないのはそれゆえである。また、時期的に芝はやや重い状態なので、パワーに欠ける馬にとっては苦しいレースになる。スピードの持続力とパワーを兼備した馬を狙いたい。

■3■前走は1800m以上
過去10年の勝ち馬のステップレースを見ると、1600m戦からが2頭に対し、1800m以上のレースからは8頭と圧倒的に多い。ごまかしの利かない府中の1800m戦だけに、前走でマイル戦を走っていたようなマイラーではなく、長めの距離を使われてきたスタミナに支えられた馬が活躍するということだ。具体的に言うと、朝日杯フューチュリティS組ではなく、東スポ杯2歳SもしくはホープフルSから臨んでくる馬を上に見たい。


今思えば、G1馬同士の力と力のぶつかり合いだった。

| | Comments (0)

京都記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Kyotokinen

■1■明け4歳馬が断然
過去10年における、年齢別の勝利数と連対率は以下のとおり。

4歳 【4・4・3・23】 24%
5歳 【5・1・6・19】 19%
6歳 【1・4・1・24】 17%
7歳以上【0・1・0・19】 5%

連対率では5歳馬と6歳馬が互角、明け4歳馬がややその上を行く。年齢が高くなるごとに勝率・連対率は低くなっていく傾向はあり、7歳以上の馬に至っては勝ち馬が出ていない。春の中距離戦におけるカギとなるレースだけに、勢いと成長力のある明け4歳馬が出走してきたら注目すべきである。

■2■スタミナ豊富な馬を狙え
京都2200m(外回り)は、スタンド前からの発走となり、最初のコーナーまでの距離は397mと短くも長くもない。1コーナーまでには各馬の位置取りがスムーズに決まることが多く、コーナーを2つ回って、向こう正面にかけて比較的穏やかにレースが進む。しかし、高低差は4.3mと、丘をひとつ越えていかなければならないため、スタミナが問われるレースになる。

このコースで結果を出している種牡馬を見ていくと、ダンスインザダーク、ホワイトマズル、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、マンハッタンカフェ、ステイゴールド、ゼンノロブロイ、そしてディープインパクトなど、2400mを越える距離を得意とするステイヤー型の血統である馬がほとんどである。

■3■前走G1レース組に注目
香港ヴァーズ、香港CなどのG1レースも含め、過去10年で7頭が前走G1レースを経て、京都記念を勝利している。前走が昨年末の有馬記念である馬は、一旦少し緩めてから再度仕上げ直すのには最適のローテーションなのであろう。もし前走G1レース(有馬記念)組が出走してこないのであれば、日経新春杯を叩いて、ここが最高潮の仕上がりにある馬を狙うべきである。

| | Comments (3)

« January 2019 | Main