« フローラSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 天皇賞春を当てるために知っておくべき3つのこと »

【今週のWIN5】マイラーズC、フローラSなど

20190421

今週のWIN5はパッと見渡してみたところ、かなり難解である。難しさの1つは、メインレースであるフローラステークスの力関係が分かりにくいことにある。これまでのWIN5はメインレースで外してしまうことが多かったので、先週のように、メインレースである皐月賞(サートゥルナーリア)が分かりやすい方が個人的には当てやすい。前半は広い網をかけて狙いつつ、後半のメインレースにかけて収束していくイメージである。

メインレースのひとつであるマイラーズカップは、ダノンプレミアムの力が抜けていて分かりやすいのではないかという意見もあるが、脚元をすくわれる可能性も十分にあると考えている。普通であれば確勝を期して臨めるはずだが、蹄の状態を見ながらの調整だけに、どこまで完調で出走してこられるか分からないところがある。ダノンプレミアムを負かすなら、前に行ける同厩のパクスアメリカーナであり、マイラーズカップはダノンプレミアムとパクスアメリカーナの2頭を狙いたい。

フローラSは考えれば考えるほど難しくなってゆくので、こういう時こそシンプルに考える。「フローラSを当てるために知っておくべき3つのこと」でも書いたように、500万下を勝ちあがってきた、キャリア3戦以上の馬を狙いたい。意外と人気馬が好走することや内枠が若干有利であることも踏まえつつ、ウィクトーリアとエアジーン、フェアリーポルカの3頭に絞ってみる。

ここからはさらに難しくなる。京都10Rの桃山Sはこのクラスで安定した走りを見せているフリーフリッカーが中心になるが、絶対的な存在ではない。とはいえ、手を拡げようと思うと、いくらでも広げることができるというジレンマがある。前走で芝からダートに転向して結果が出た橋口慎介厩舎のエルリストンは、ここでクラスの壁に当たるか、それともダートの新星としてオープンまで上り詰めていくのか一か八かであり、この馬の可能性にも駆けてみたい。フリーフリッカーとエルリストンの2頭を買いたい。

東京10Rの鎌倉ステークスは、関西馬2頭の扱いをどうすべきか考える。フュージョンロックは前走このクラスの特別レースで3着と好走しており、適鞍を求めて東上してきた。鞍上も乗れている三浦騎手であり、この馬が第一候補か。グロワールシチ―はやはりダートが合うようで、安定した走りを見せてくれる。クラスの壁があるかどうかだが、先行できるタイプだけにあっさりここも通過する可能性はある。

福島中央テレビ杯は、正直に言って、全く見当がつかないので、ここは人気薄を少し手広く狙ってみる。2つコーナーの芝1200m戦だけに、馬群にもまれずにスムーズなレースができる可能性の高い外枠から、フナウタ、カネトシブレス、シンデレラメイクの3頭でどうだろうか。

 

|

Comments

WIN4ですか
福島が当たってただけに
実に惜しい!

続けてればいつか当たるかもしれませんね。

Posted by: ライアン | April 22, 2019 10:15 AM

ライアンさん

ありがとうございます。

WIN4までは行くのですが、
今回ですと京都10Rは難しいなと感じます。

当たって数万円の配当ではWIN5の意味がないので、
そうすると他の競馬ファンが硬いと思っているレースであえて人気薄の激走を狙うという逆張りも必要になってくるのかなと考えています。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 23, 2019 10:56 AM

Post a comment