« 桜花賞を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 未来は明るい »

雄大さと骨太さを誇るエールヴォア:5つ☆

【シェーングランツ】馬体は悪くはないが、姉ソウルスターリングと比べると明らかに劣る。コロンと映る馬体からは、マイル戦がベストであり、使える脚もそれほど長くない。<馬体評価★★★>

【シゲルピンクダイヤ】やや腰高ではあるが、胴部には長さがあって、レースでの走りから想像していたよりも伸びのある馬体。ダイワメジャー産駒らしく完成度が高いため、今回は絶好の舞台となるはず。<馬体評価★★★★>

【ノーワン】まだ全体的に完成度が高くはなく、素質の高さだけでクラシックに乗ってきた印象を受ける。ハーツクライ産駒らしく、胴部が長い分、手脚の短さとの関係で重心が低く映る。<馬体評価★★★>

【アウィルアウェイ】もうひと絞りできそうなほど、胴部がズングリムックリしている。牝馬にしてはカイ葉食いの心配が要らないほど良く食べるのだろう。パワーに溢れている。鋭い目つきからは、気性の激しさが伺え、スムーズにレースができるかどうかが鍵。<馬体評価★★★>

Okasho2019wt

|

Comments

Post a comment