« 【今週のWIN5】大阪杯はエアウィンザー | Main | 桜花賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

現代競馬の申し子

大阪杯2019―観戦記―
大阪杯はエポカドーロが好スタートからダッシュを利かせ、あっさりと先頭に立った。前半1000mが61秒3、後半1000mが59秒7という超スローペース。第1コーナーまでに決まった隊列やポジションは最後まで変わらず、道中で前に行けた馬や馬群の内を進んで脚を溜められた馬に極端に有利なレースとなった。

 

勝ったアルアインは皐月賞以来の勝利となったが、意外にも皐月賞以降はこの馬に適したレースをほとんど走っていなかった。この馬の力を出し切れる条件は内回りの芝2000m。それ以外の距離は少し長かったり、短かったり。上がりが速い勝負になるレースは勝ち切れない。今回は条件がピタリとはまった。

 

そして最大の勝因は、内2番手のスローペースの勝ちポジ(勝つためのポジション)を走れたことである。他馬が外を回されて脚を失う中、この馬は最後の直線に向くまでジッと動かずに脚を溜められていた。今回は馬場も走りやすく、池江調教師がきっちりと仕上げたことで、アルアインの先行力が生きた。

 

北村友一騎手は、内枠から道中は内を進んで、脚をためる競馬になると巧さを発揮する。北村騎手は批判の対象になりやすいが、それは外枠を引いて外を回された時の話であって、内枠を引くと実に上手い。スッと先行する技術、馬を御して脚を溜める力に秀でている、現代競馬の申し子と言ってよい。

 

2着に粘り込んだキセキはスローの展開に恵まれたが、有馬記念以来の休み明けということを考慮すると、良く頑張っている。有馬記念のように思い切って行き過ぎてもバテてしまうし、今回のようにゆっくりと行っても瞬発力勝負で負けてしまう。川田将雅騎手はスローを読み切って、最高の騎乗をしている。

 

ワグネリアンは内の3番手という、この馬にとっては絶好のポジションで走ることができた。最後の直線でも良く伸びて3着を確保したように、半年ぶりを感じさせない走り。日本ダービー馬が立て直されて、古馬になって活躍するのは案外難しい。外見上は良くなっているので、次走の走りに期待したい。

 

マカヒキは道中は内の4番手を進み、極力コースロスを避けたことが4着という結果につながった。裏を返せば、道中で外を回してしまった馬は壊滅的であったということ。これだけメンバーが揃ったG1レースで、ここまでポジションバイアスが生じてしまうのは、残念と言うべきか、実にもったいないと思う。

 

私が本命に推したエアウィンザーは、スタートからの先行ポジション争いに負けてしまい、前に行くことも内を進むこともできず、中途半端なポジションを走った結果の5着。上位馬と大きな力差があるわけではないが、フットワークが大きいため、スッとポジションを取ることができないのが課題だろう。

 

1番人気に推されたブラストワンピースは、外々を回されて脚を失ってしまった。休み明けで馬体が立派であったこともあるが、それ以上に道中のポジションが不利に働いた。内を器用に立ち回る馬ではないだけに、もう少し道中が流れてくれないとレースがしにくい。菊花賞で見せたこの馬の負けパターン。

 

|

Comments

Post a comment