« 桜花賞からの間隔がプラスに出たクロノジェネシス:5つ☆ | Main | 距離延長は歓迎のヴェロックス:5つ☆ »

血のなせる業


オークス2019―観戦記―
ジョーディーが最内枠を生かして先頭に立ち、前半1000mが59秒1、後半が59秒2のイーブンペースでレースを引っ張った。タイムが速いからペースも速く映るが、前後半を比べてみると、それほど速いペースではない。もちろん3歳牝馬にとっては厳しい、実力と底力が反映されるレースであった。

ラヴズオンリーユーは、スローに流れなかったことが最大の勝因である。前走見せていた掛かる面も全く見せずにキッチリと折り合っていたし、外枠も不利にならなかった。仕上がりは万全であったが、まだ馬体に幼さを感じさせる馬であり、最後グッと伸びたのは血統のなせる業だろうか。馬体が緩いからこそ距離が持つことは確かにあって、ラヴズオンリーユーも最終的には2000mがベストになるだろう。この時期だからこそこなせた2400mだが、だからこそ反動が出る可能性は高い。まだ身体が出来上がっていない時期に、極限のレースを強いられて限界を超えてしまうことは実は裏表である。

ミルコ・デムーロ騎手は先行する有力馬を前に見ながら、道中はラヴズオンリーユーとリズムを合わせることだけに専念していた。最後の直線に向いて、グッと伸びた瞬間に勝ちを意識したはず。結果的にみて、2着馬との差はゴーサインのタイミングであり、ワンテンポ待てたデムーロ騎手に軍配が上がった。

カレンブーケドールは、横綱相撲で先に抜け出したところ、最後に捕まえられてしまった。これで負けたら悔いなしという仕掛け。正直、これほどまでに強いとは思っていなかった。大事に使われてきたからでもあり、ディープインパクトの血が騒いだとも言える。社台ファーム生産馬にも頑張ってもらいたい。

クロノジェネシスはゴールまで踏ん張ったが、伸び切れなかった。北村友一騎手は完璧に乗っており、この馬も力を十全に発揮した。欲を言えば、もう少しペースが遅ければ、内の2、3番手のポジショニングが生きたはず。あと少しのところまで手が届いているが、やはりG1レースを勝つことは簡単ではない。

ウィクトーリアは後方から良く伸びて4着。まだ線の細さが残る馬体だけに、夏を越して秋が楽しみな馬の1頭である。ダノンファンタジーは距離が長かったか。ペースがもっと遅くて、上がりが33秒台のレースであればチャンスはあったはず。コントラチェックは気持ち良く行きすぎてバテてしまった。

|

Comments

Post a comment