« 皮膚の質感と筋肉の柔らかさ、ヴァルディゼールに5つ☆ | Main | 競馬にはこれからもスポーツで »

【今週のWIN5】NHKマイルカップ

20190505

昨日は東京競馬場にようやく着いて、内馬場でゆっくりヒレカツ丼食べて、パドックでじっくりと馬を見て、馬券をしっかり買って、さあレース観戦と思いきや、いきなり雹が降って中止。あんなに快晴だったのに、こんなこと競馬やっていて初めて。もし走っていたとしたら東京10Rの結果とプリンシパルS組の行き先が気になって仕方がない。

さて、気を取り直して今週のWIN5。京都10R橘ステークスはジュランビルが実績的に一枚上の存在と見る。先行力があり、前走からの距離短縮もプラス材料になる。この時期までの牝馬は最後まで真面目に走るため、実力をそのまま評価して良いだろう。もう1頭は、前走で外を回された牡馬グラナタスが内枠に入ったので入れておく

東京10RブリリアントSは関西馬が大挙押し寄せて大混戦。コーナーを4つ回る東京ダート2100mは内枠を引いて内を回る馬に有利になる。ほとんど力差はないので、目をつぶって内枠の牡馬4頭キクノルア、コスモカナディアン、アングライフェン、ゴールデンブレイヴを買っておきたい。

新潟11R谷川岳Sが行われる新潟1600mコースは、外枠から発走して内ラチ沿いにコーナーを回りながら最後の直線で外に出すout-in-outの走りができそうな馬を狙う。堅実に走るプロディガルサンと上昇著しいアルーシャ。内枠から逃げるショウナンライズをどちらかが捕らえてくれるだろう。

京都11R鞍馬Sは3連勝中のミラアイトーンが得意の1200m戦でオープンの壁を乗り越えるかどうかがポイント。重賞クラスのメンバーも揃っているので簡単ではないと考える。脚元をすくわれるとすれば、前走で良い脚を見せた関東馬カイザーメランジェか。適鞍を求めての西下だけに仕上げも万全。

東京11RNHKマイルCはグランアレグリアがアドマイヤマーズを成長力で上回るため、今回は逆転してくるだろう。同じく成長力が期待できるのはディープインパクト産駒のダノンチェイサーで、川田騎手を背に据えて万全の態勢で臨む。今日の雨で馬場が重くなれば後者にもチャンスがあるはず。

|

Comments

Post a comment