« June 2019 | Main

函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Hakodatekinen


■1■上がり馬が狙い目
G1       【0・2・2・12】 連対率13%
G2       【4・0・1・16】 連対率19%
G3       【3・2・2・22】 連対率17%
オープン特別 【2・5・3・56】 連対率11%
条件戦    【0・0・1・9】 連対率0%

函館競馬場で行われた過去19年で前走がG2レースから4頭、G3レースから3頭、オープン特別から2頭の勝ち馬が出ているように、これまでに実績のある馬ではなく、この夏に力を付けてきた(調子を上げてきた)馬が狙い目である。また、前走がオープン特別であった連対馬7頭中、5頭が巴賞出走馬である。函館記念1本に狙いを定めてきた上がり馬に注目すべき。

■2■2000m以上のスタミナが必要
トニービン、ニジンスキー、ノーザンダンサーなどの血を引く馬たちが活躍しているように、函館競馬場独特の洋芝によって、パワーはもちろんのこと、字ヅラ以上のスタミナが必要とされる。また、速い上がりが求められるレースになることはほとんどないので、瞬発力勝負では分が悪かった馬の巻き返しにも期待したい。

■3■内を通って差を詰めることの出来る差し馬
12.2-11.2-11.4-12.1-12.1-12.4-12.0-12.1-12.1-12.7(59.0-61.3)H
12.3-11.0-11.2-11.5-11.8-12.1-12.6-12.4-11.4-12.2(57.8-60.7)H
12.2-11.0-11.5-12.2-12.8-12.4-12.3-12.0-11.8-12.1(59.7-60.6)M
12.5-10.8-11.6-12.0-12.2-12.4-12.4-12.3-11.8-12.4(59.1-61.3)H
12.2-11.0-11.7-11.8-12.1-12.1-12.0-12.0-11.6-12.1(58.8-59.8)H
12.3-11.3-12.2-12.0-11.8-11.7-12.0-11.8-12.3-12.7(59.6-60.5)M
12.6-10.8-11.5-11.7-12.0-11.9-11.8-12.1-12.1-12.6(58.6-60.5)H
12.3-11.0-12.0-12.4-12.3-11.6-11.9-11.7-11.9-11.9(60.0-59.0)S
12.5-11.1-12.0-12.4-12.6-12.3-12.1-12.2-11.8-12.2(60.6-60.6)M
12.2-10.9-12.0-12.6-12.6-12.4-12.1-11.6-11.6-11.8(60.3-59.5)M

過去10年間のラップ構成を見ると(札幌競馬場で行われた年は除く)、ミドルペースからハイペースとなり、案外スローにはならない、毎年異なった展開で流れていることが分かる。ジョッキーが262mと短い直線を意識するため、向こう正面から既に動き出すからである。そのため、ペースや競馬場のコース形態のわりには逃げ馬が残りにくく、先行馬、そしてさらに、内を通って差を詰めることの出来る差し馬にとって有利なレースになる。

| | Comments (0)

ジャパンダートダービーに行ってくる

Jdd2019

今日は大井競馬場にジャパンダートダービーを見に行ってくる。大井で行われるG1レースを観に行くのは本当に久しぶり。毎日のように南関東に通っていた学生の頃が懐かしい。あの時のような有り余る膨大な時間と狂気はなくなってしまったが、競馬場に向かうときの高揚感はいつになっても失われない。今日は中学生時代の友人と一緒に競馬を楽しむつもりだ。彼とは中学3年生のとき同じクラスで、それから20年の時を経て、競馬を通じて再会した。あの頃は自分たちが将来、競馬にどっぷりはまることなど露知らず、私が出演した「競馬場の達人」という番組をたまたま観てくれて、「治郎丸だ!」と気づいてくれたのだ。競馬の力は恐ろしい。

さて、本題のジャパンダートダービーは、クリソベリルが断然の人気になっている。全兄クリソライトに比べて(馬体重はあるが)重苦しさがない分、レースにおいて緩急をつけた走りができている。一本調子ではないということであり、逃げても先行しても、差しても追い込んでも、どのような形でも競馬ができるのが強みである。この時点で全兄よりも上かと判断するが、このレベルのレースになると最後はハート(心臓)で勝負が決まるので、今回はクリソベリルの真価が問われる舞台になるだろう。

その他のメンバーも粒ぞろいで面白い。未知の魅力という点では、種牡馬を引退したキングカメハメハ産駒のロードグラディオだろうか。母シンメイフジは芝のレースで活躍した馬であるにもかかわらず、前走は古馬を相手に完勝したように、ダートの方に適性はあるのだろう。先行力があり、ジョッキーの指示に素直にしたがい折り合うことができるので、道中でスタミナをロスしない。だからこそ、最後の直線に向いても脚が残っている。西浦厩舎のメンコからは、同じ父を持つホッコータルマエを彷彿とさせ、今回は先物買いをしても面白いのではないか。

東京ダービーの上位馬もそのまま出走してきた。前残りのレースを差して2着したミューチャリーはズブさがあるものの、ジワジワと伸びて止まらない差し馬であり、展開次第では突っ込んできてもおかしくない。クリソベリルが早めにまくって突き放す展開になり、後続が苦しくなれば、その間隙を突いての2着はあり得るだろう。その逆にスッと器用に先行できるヒカリオーソやウィンターフェルが楽に追走できれば、前残りの可能性もある。とはいえ、地方勢はこのメンバーで勝ち切るだけのパンチ力に欠ける。

UAEダービーで4着と好走し、そのまま臨んでくるデルマルーヴルには相手なりに走る渋太さがある。ヒヤシンスSではあのマスターフェンサーと差し比べをして勝っている。札幌、中山、園田、川崎、東京、ドバイとあらゆる競馬場で走った経験とタフさは、中央勢に初ナイター競馬の馬が多い中で価値を持ってくる。海外遠征の疲れが癒えているかどうかが問題だが、力を出し切れると一発あるかもしれない。

photo by 三浦晃一

追伸

おそらく第6Rぐらいから参戦できると思うので、馬券を買いながら、ツイッター(@glassracetrack)でつぶやいていきますね。

| | Comments (0)

プロキオンSを当てるために知っておくべき3つのこと

Prokions

■1■1番人気が圧倒的に強い
中京競馬場に移設された2012年以降の7年間で1番人気は【2・2・2・1】と連対率約57%、複勝率約90%という圧倒的強さを誇る。これはが実績馬に有利な別定戦であることが最大の理由である。だからといって1番人気を買えばよいというのは早計で、実績馬がそれほど重い斤量を背負わされないため、力のある馬が順当に勝つというのが本当の意味である。

 

■2■結局のところ前に行った馬にとって有利なレース
12.0-10.7-11.3-11.6-11.5-11.9-13.6(34.0-37.0)H
12.1-11.0-11.0-11.5-12.0-11.8-12.5(34.1-36.3)H
12.2-11.0-11.5-11.8-12.0-11.8-12.3(34.7-36.1)H
12.0-11.1-11.5-12.0-12.3-11.4-12.2(34.6-35.9)H
12.2-10.7-11.2-11.3-11.8-12.0-12.9(34.1-36.7)H
12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4(34.2-36.9)H
11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8(33.5-35.6)H

 

阪神ダート1400mから中京ダート1400mに変わっても、例外なくハイペースに流れていて、前に行く馬にとってはかなり厳しいレースとなっている。阪神1400mダートコース(内回り)の最後の直線は352mと短く、前に行った馬にとって有利という意識がジョッキーに共通に働くため、どの馬もとにかく前に行きたがるからである。それでも先行馬が活躍していたのは、最後の直線が短いから。後ろから行く馬向きの展開になるにもかかわらず、意外と直線が短くて差し切れないという現象が起こっていた。しかし、この傾向は中京競馬場(直線410.7m)になってもあまり変わらず、結局のところある程度前に行った馬にとって有利なレースになっている。

 

■3■外枠がやや有利
中京ダート1400mコースはスタート地点が芝となっていて、外枠から走る馬の方が芝を走る距離が長い。そのため、外枠に入った馬(特に先行馬)は、内枠に入った馬に比べ、スピードに乗りやすいという利点が生じる。先行・差し馬向きのレースと前述したが、特に外枠に入った先行馬には要注意である。

 

| | Comments (0)

七夕賞を当てるために知っておくべき3つのこと

Tanabata ■1■上がり時計不問
12.4-11.5-11.8-11.6-11.7-11.7-11.8-12.0-12.1-12.7(59.0-60.3)H 
上がり3ハロン36秒8
12.3-11.1-12.1-12.2-12.1-11.9-12.0-12.0-12.1-12.5(59.8-60.5)M 
上がり3ハロン36秒6
12.5-11.3-11.9-12.1-12.5-12.0-11.7-11.9-11.7-12.2(60.3-59.5)M 
上がり3ハロン35秒8
12.5-11.5-12.2-12.3-12.6-12.0-11.8-11.7-11.3-12.3(61.1-59.1)S 
上がり3ハロン35秒3
12.5-11.4-12.1-12.2-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-11.9(61.0-59.4)S
上がり3ハロン35秒7
12.3-11.1-12.4-12.4-13.2-12.0-11.7-11.5-11.7-12.2(61.4-59.1)S
上がり3ハロン35秒4
12.3-11.2-12.0-12.3-12.5-12.4-11.8-12.0-12.2-12.4(60.3-60.8)M
上がり3ハロン36秒6
12.1-10.7-10.9-12.3-12.6-12.3-12.1-12.1-11.7-12.1(58.6-60.3)H
上がり3ハロン35秒9
12.2-11.4-11.2-12.0-12.1-11.9-11.9-11.6-11.8-12.6(58.9-59.8)M
上がり3ハロン36秒0
12.0-11.3-11.5-12.2-12.5-12.4-11.8-11.4-11.1-12.0(59.5-58.7)M
上がり3ハロン34秒5
12.0-10.5-11.4-12.2-11.9-12.0-11.6-11.8-11.9-12.9(58.0-60.2)H
上がり3ハロン36秒6
12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1(58.2-62.6)H

 

最近はスローに流れる競馬も増えて、上がりが速くなる傾向も出てきているが、それ以前は上がりが35秒を切るレースの方が圧倒的に少なかった。馬場の劣化と、息の入らないペースによって、上がり時計が不問になりやすい。軽い瞬発力ではなく、その対極にある、パワーとスピードの持続力が求められるレースである。当然のことながら、こういう上がり時計不問のレースでは前に行った馬が有利になる。

 

■2■マイラーでもステイヤーでも厳しい
直線の短い小回りコースということもあって、スタート直後からガンガン飛ばしていく速い流れになりやすく、最後は底力の勝負になり、豊富なスタミナが要求される。そのため、純粋なマイラーにとっては厳しいレースとなる。かといって、ステイヤーに向くかというとそうでもなく、ステイヤーは道中の速く厳しい流れに戸惑ってしまうことになる。どちらかに偏っていない、中距離馬を狙い打つべきである。

 

■3■ハンデがハンデにならない!?
斤量         成績       連対率
51kg以下     【0・0・1・13】   0%
52kg        【2・0・1・12】  17%
53kg        【1・2・2・19】  18%
54kg        【1・1・1・24】   4%
55kg        【1・3・5・21】   12%
56kg        【1・3・2・23】   11%
57kg        【6・2・1・16】   26%
57.5kg以上   【1・2・1・9】   25%

 

ハンデ戦にもかかわらず、ハンデが重くなるにしたがって連対率が上がる傾向がある。そして、勝ち馬は55kg~57kgのゾーンに集中している。ハンデキャパ―に評価された実力馬が、そのまま素直に力を発揮して結果を出す舞台と考えてよい。

 

| | Comments (0)

« June 2019 | Main