« 札幌記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 新潟2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

最高のステップ

札幌記念2019―観戦記―
札幌記念は前半1000mが59秒9、後半が60秒2というイーブンペース。小回りコースでこのペースであれば、明らかに前に行った先行馬たちに有利な流れ。それを差して勝ったブラストワンピースは能力が一枚上の強い内容。パワーの要る洋芝の馬場も合っていた。凱旋門賞に向けて最高のステップとなった。乗り替わりで勝利した川田将雅騎手もさすがの冷静さで、ブラストワンピースを導いた。外を回して前に行きたい気持ちもあっただろうが、ギリギリまで内で我慢して、ここしかないタイミングで動いた。瞬時に馬を動かす技術は随一のものであり、ノーザンファームが凱旋門賞に向けて起用するのも頷ける。

同じく3着に突っ込んだフィエールマンも、後方から大外を回してのものだけに、決して悲観すべき敗北ではない。パドックから入れ込み気味であったのは、休み明けだからか。潜在能力は計り知れないだけに、そのあたりが解消されないと、凱旋門賞の雰囲気ではせっかくの力を出し切れない 。

最も上手く乗ったのは、サングレーザーの岩田康誠騎手であった。スタートから前に行こうと決めていたはずで、だからこそ6枠発走にもかかわらず、内の2番手という最高のポジションを走ることができた。いつも通りに後ろから行っていたら、届かず4、5着に終わっていただろう。これをするのが騎手の仕事。

4着に敗れはしたものの、外枠発走を考えると、ワグネリアンの福永祐一騎手は勝ちに行く騎乗をしている。最後は伸びあぐねてしまったのは、ワグネリアン自身の精神面が戻っていないからか。ダービー馬の燃え尽きた気持ちに再び火をつけるのはなかなか難しい。

本命に推したクルーガーは、後方のポジションでは勝負にならなかった。パドックから入れ込みが激しく、出して行くと掛かる恐れがあって、丸山元気騎手は攻められなかったのだろう。それでも、力の劣る馬が強い馬を負かすには内の2、3番手のポジションを取りにいくしかない。何のための騎手と好枠か。

北九州記念2019
前半600mが32秒7、後半が35秒5という、強烈なハイペース。後方から外を回すポジションを走った馬が断然有利になった。ダイメイプリンセスは前走で直線1000mを走ったことにより、前向きさが戻ってきたことに加え、展開と枠順が見事にはまった。

ディアンドルは展開を考えると、最も強い競馬をした。連勝の勢いそのままという表現が正しいだろうか、唸るように先行して、最後まで伸び切ってみせた。負けてしまったのは展開の綾。ただ、この敗北をきっかけにして気持ちの面で崩れてしまうこともスプリンターにはよくあることで、その点だけが心配。

同じことはモズスーパーフレアにも言えて、このペースを3番手で追走し、勝ち馬と0.3秒差まで踏ん張っているのだから、やはりこの馬は強い。速いだけではない。自分の型(逃げ)で競馬ができればさらに強さを発揮できる。秋のスプリンターズSに向けて、楽しみな1頭である。

1番人気に推されたミラアイトーンは5連勝ならず。展開やポジションは向いたのに、最後は伸び切れなかった。やや調子落ちの面があったかもしれないし、重賞クラスの壁にも当たった。勝ち続けるのは難しい。それでも、フットワークが大きく、スピードにも目覚ましいものがあり、資質の高さは間違いない。

 

|

Comments

Post a comment