« 京都芝3000m | Main | 天皇賞秋を当てるために知っておくべき3つのこと »

長距離レースに向くのは、低方形?高方形?それとも正方形馬?

今回は馬の体長と体高を一辺とした四角形の縦横比率(プロポーション)をテーマとして、菊花賞2019に出走する各馬の馬体診断をします。ヴェロックスやワールドプレミア、レッドジェニアルなどの神戸新聞杯組を中心として、ニシノデイジー、ホウオウサーベル、サダル、カリポールなど、12頭の馬体について評価します!

|

Comments

Post a comment