« 肩の角度から距離適性を見分ける方法【秋華賞2019馬体診断】 | Main | 凱旋門賞の歩き方 »

ノーザンファームの育成力には驚かされる


秋華賞は意外にもビーチサンバが逃げ、コントラチェックが続いた。好スタートを切ったダノンファンタジーが直後につけ、カレンブーケドール、クロノジェネシス、パッシングスルーと有力馬が追いかける。前半1000mが58秒3、後半が61秒6という稀に見るハイペースとなった。

クロノジェネシスは、このハイペースを持ったままで追走し、抜け出して来たのだから強い。2歳時からマイル戦を中心に活躍してきたが、単なるマイラーではなく、距離延びて良い、スタミナ豊富な馬であることが証明された。休み明けでキッチリと仕上げてしまうノーザンファームの育成力には驚かされる。

北村友一騎手はスタートを決め、内の好位を取れた時点で、仕事が半分終わった感はあったのではないか。クロノジェネシスのあまりの手応えの良さに、思わず笑みが浮かんできたはず。ダノンファンタジーが早めに動いてくれたことで、直線で楽に外に出せたことも功を奏し、思い描いた通りの騎乗であった。

惜しい競馬となったのは、2着のカレンブーケドール。なかなか外に出せず、最後の直線でダノンとクロノの間に入ろうとして閉まった(閉められた?)ロスが大きかった。ダノンが早めにバテたのも誤算だろうし、クロノは内にササる癖があるので、外を狙っても良かったかもしれない。
Shukasho2019_20191014175701

シゲルピンクダイヤもシャドウディーヴァも、ハイペースに乗じて、後ろから差してきたが届かず。京都の内回りのG1では、後ろから行くとさすがに勝ち切れない。ビーチサンバは持続力を生かして5着に踏ん張った、福永騎手の好騎乗が光った。

1番人気に推されたダノンファンタジーは、積極的にレースを進めたが、最後の直線に向いたところで脚が止まった。川田騎手はなぜあれほど早めに外に出してスパートをかけたのか理解に苦しむが、ダノンファンタジーにとっては距離が長く、ペースが速くてスタミナ不足を露呈した結果となった。

|

Comments

治郎丸さん、こんばんは。
クロノジェネシスの北村騎手は、昨年のヴィクトリアマイルで早く仕掛けすぎて、ワンテンポ我慢した1着馬や、後方大外から距離ロスを気にせず進路確保を優先してスピードに乗せてきたリスグラシューに差されて3着。阪神JFでは夢中になりすぎて、普段は出来てるステッキの持ち替えが出来ず追い負けての2着、など、大舞台では勝ち慣れてない故の焦りがどうもマイナスに働いてるイメージでしたが、今回はとても落ち着いて乗ってたように見えました。

昨年あたりから急激にノーザンF系クラブの良血人気馬の騎乗が増えたことで、またぞろエージェントとかコネとか陰謀論を絡めていろいろ勘ぐられてるようですが(笑)ノーザンの本音(北村騎手や石橋脩騎手や丸山騎手を育てようとしてる、云々)はともかくとして、良い馬に乗せ続けてチャンスをもらったら、それなりに良質の経験を積んで成長する騎手はいるのだ、馬が育てる騎手もあるのだ、と証明したように思えます。

福永騎手の逃げを褒めてくださったのは救われました。

確かに本人も言ってるように、ハナ争いが長引いたことで本人の希望よりも1秒速くなってしまったということでオーバーペースのそしりは逃れないでしょうが、過去走ではスローで自身が33.5の上がりを使っても、他の上位馬は32.9~33.1秒くらいのキレを使ってくるので勝ち切れないことは明白でしたから、同じパターンで同じ負け方をするよりもずっと良い負け方だと思います。

ルメール騎手もハナにはこだわってなくて、早々に手綱を抑えてましたが、コントラチェックの方がかかってしまいましたね。ハイペースになったのは、引こうとして引けなかったルメール騎手も、ハナを譲ろうとしなかった福永騎手もどちらが悪いわけでもないと思います。これも競馬、ということでしょう。

Posted by: シンプル | October 16, 2019 12:15 AM

シンプルさん

こんにちは。

北村友一騎手は馬を抑えられるし、追えるので、あとは良い馬に乗って大舞台で様々な経験を積むことができれば、もっと上を目指せるジョッキーだと思います。

今のところ、内枠を引かないと外を回しすぎてしまうので買えませんが、今回はあまりの手応えの良さに北村騎手自身驚いたのではないでしょうか。

どう乗っても勝てるぐらいの手応えの違いでしたね。

たしかにハイペースでしたが、ビーチサンバのような馬は前走のローズSのように早めに動いていくか、今回のように思い切って逃げてみるか、どちらも騎乗も満点だったと思いますよ。

それ以外の騎乗では、この着順はなかったと思います。
むしろ楽に行ってしまっていたら、掲示板に載れなかった可能性は高いですし、どちらかというと単騎で逃げたかったコントラチェックにとって苦しい流れになったのではないかと思います。

これも競馬ですね(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | October 17, 2019 09:47 AM

Post a comment