« サラブレッドの首を観る(マイルCS2019出走馬馬体評価) | Main | 馬体を縦に見る(ジャパンカップ2019出走馬馬体評価) »

闘争心こそが強さの源泉


マイルCS2019-観戦記-
マイルCSは前半マイルが47秒2、後半が45秒8という、G1レースとは思えないスローペース。後ろから行った馬では勝負にならない展開であった。勝った馬が弱いということではなく、この程度の緩い流れでマイルのチャンピオンを決めて良いのかと疑問が残る。再度言うが、勝った馬が弱いということではない。

勝ったインディチャンプは、スタートが決まり、内から2頭目のダノンプレミアムを外に置く、絶好のポジションを走ることができた。ひと呼吸おいて直線に向いてから仕掛けられると、アッと言う間にトップスピーに乗っての完勝。ダノンプレミアムとは成長力という点において差がついた印象を受ける。インディチャンプはパドックから返し馬、そして発走直前まで、落ち着きのなさを示していたが、レースに行くときっちり力を出し切る。父ステイゴールドがそうであったように、闘争心こそが強さの源泉なのだろう。それにしても、最後の直線で見せた切れ味と力強さは他馬を圧倒していた。

テン乗りとなった池添謙一騎手は、まるでずっと昔からコンビを組んでいるかのような、見事な手綱さばきであった。インディチャンプの悪いところを出さずに、スタートからゴールまで導いていた。大舞台でこれだけ冷静に乗れるのは、数多くの名馬たちと修羅場をくぐってきた経験のなせる業であろう。

ダノンプレミアムと川田将雅騎手は、先行集団の外を回って、堂々と仕掛けて勝ちに行ったが、勝ち馬の強靭な末脚に屈してしまった。それだけではなく、最後は脚が上がってしまい、2着を確保するのがやっという始末。前走の反動もあったのか、それともこの馬自身が2歳時をピークに成長が乏しいのか。外枠からスタートした以上、道中のポジション取りも仕掛けのタイミングも、川田騎手に責められるところはない。川田騎手と中内田厩舎のタッグはG1を勝てそうで勝てないが、決して大きなミスをしているわけではなく、そういう流れの時もあると今は思うしかない。そのうちバンバン勝てる日が来るはず。

ペルシアンナイトは狙いすましたレースで、完璧に仕上げられていたが、スローペースをよく追い込んで3着。昨年のようにもう少し内を効率良く回ってこれたら2着もあったかも。マイルCSを1,2,3着してみせた。リピーターレースというよりは、1年間のうちで完全にここに照準を絞って仕上げている。

ダノンキングリーは好スタートから、絶好のポジションを取れたにもかかわらず、最後は伸び切れず。スローで届かないシーンは想像していたが、伸びないとは思いもよらなかった。幼さが残る馬体ゆえに、古馬と体格負けしたのか、それとも関西への輸送が影響したのか分からないが、残念な走りであった。

|

Comments

Post a comment