« 馬体をパッと見る(朝日杯フューチュリティS2019出走馬馬体評価) | Main | 馬の美点を見る(有馬記念2019出走馬馬体評価) »

自分を恥じるのみ


朝日杯フューチュリティS2019ー観戦記ー
朝日杯フューチュリティSは内枠からビアンフェが逃げ、前半マイル45秒4、後半マイル47秒6のハイペースで突っ走った。これだけの激流を3番手で追走し、最後の直線では後続を突き放して、もうひと伸びしたサリオスは強い。馬体の緩さが気になって、これほど強いとは思っていなかった自分を恥じるのみ。後方からレースを進めたタイセイビジョンが2着に入り、ほぼ最後方から直線に賭けたグランレイが3着に突っ込んだ現象からも、前に行った馬たちが軒並み止まってしまったことが分かる。スピードだけではなくスタミナをも問われるレベルの極めて高いレースであった。

勝ったサリオスは、新馬戦からあの緩さで勝てたことに驚かされ、サウジアラビアRCでも余裕残しで完勝してまた驚き、朝日杯FSではその圧倒的な強さに驚嘆させられた。レースを使うごとに緩さは解消つつあるが、まだこれから良化する馬体であり、あとはとにかく無事に来年を迎えることを願うのみ。走る能力が高くて、エンジンが素晴らしい反面、サスペンション部分に緩さが残る馬は、レースに行って限界を超えて走ってしまうと、その反動が怖い。諸刃の剣のようなもの。早くから走ることは素晴らしいが、早くから走ってしまったがゆえの心配は尽きない。

ライアン・ムーア騎手は、サリオスの力を信じてスタートから出して行き、正攻法の競馬に徹していた。今回は誰が乗っても勝てただろうが、ゴール前で追い出してからの馬を追う姿はさすが様になる。これだけビッシリと追われることで、馬自身も最後まで気を抜かずに走ることを教わるのである。

タイセイビジョンは、スムーズにレースの流れに乗って、初のマイル戦を克服した。その気性を考慮して、前半は馬をプッシュして行かせることなく、また馬群の外に出して走らせたことで力を十全に発揮させた武豊騎手の好騎乗である。気難しいムラ馬を気持ちよく走らせる見本のような乗り方であった。また、難しい馬をコンスタントに走らせている西村真幸調教師の手腕も見事であり、近いうちに厩舎初のG1レースのタイトルにも手が届くはず。

グランレイは無理のないペースでポツンと走らせて、最後の直線に賭けた池添謙一騎手の好判断が光った。人気薄だからできることではあるが、それにしても腹をくくったからこその3着であった。タガノビューティーも、一瞬2着に入るかと思わせるだけの力強い末脚であった。初芝でこれだけの走りができたことが素晴らしい。正直、この1戦だけでは、この馬にとってダートと芝のどちらが合っているのか判断するのは難しい。

3番人気に推されたレッドベルジュールは、ポジション的には悪くなかったが、ラストがほとんど伸びなかった。初めてのハイペースを追走して、脚がなくなってしまったのか。人気先行の感はあったが、それでも期待外れの結果になってしまったことは否めない。ビアンフェはこれだけのハイペースを逃げて良く粘っている。来年はマイル以下の距離でこの馬のスピードを生かしてもらいたい。ラウダシオンは外枠が響いた形で、最後は止まってしまった。外枠を意識しすぎて、ルメール騎手が前に行き過ぎたかもしれない。ラウダシオン自身もレース前から入れ込んでいたように、気が流行りすぎてしまった。

|

Comments

Post a comment