« 馬の尾(尻尾)を観る(阪神ジュベナイルF2019出走馬馬体診断) | Main | 馬体をパッと見る(朝日杯フューチュリティS2019出走馬馬体評価) »

影も踏ませない


阪神ジュベナイルF2019―観戦記―
阪神ジュベナイルFは、スピードの違いでレシステンシアが先頭に立ち、前半マイルが45秒5、後半マイルが47秒2というハイペースを自ら刻んで逃げ切った。実はファンタジーSも前半3Fが33秒7、後半が35秒1というハイペースであり、前走の強さがフロックでなかったことを証明した。とにかく強いの一言。これだけのハイペースを自ら作り出しながら、しかも5馬身の差をつけて逃げ切ったのだから、他馬とは何枚も力が違う。さらにゴール前では右耳を立てているように(実は前走も同じ)、まだ余力があった。ダイワメジャー産駒だけに完成度が高いのは確かだとしても、影も踏ませないとはまさにこの走りのこと。

北村友一騎手は、今回に関しては乗っていただけで勝たせてもらった感が強い。ペース配分もコース取りも不要であった。道中もそれほどカッとなって行き過ぎるタイプでもないはずで、折り合い自体に不安もないはず。今回は先頭に立ったが、レシステンシアよりも速い馬がいれば、2番手に控えることも難しくないだろう。これだけ乗りやすくて強い馬に当たることは滅多になく、騎乗技術と経験を磨き続けてきたからこそのめぐり合わせである。今後、他馬の成長曲線が追いついてくるまでは、このコンビで負ける方が難しい。

マルターズディオサはハイペースを早めに追いかけ、ゴールまで粘り通したのだから強い。キズナ産駒らしいパワフルな馬体をフルに使って走り、外からクラヴァシュドールが来たらもう一度伸びたように、勝負根性も素晴らしい。トモの実の入りには物足りなさがあるので、肉体的な成長の余地は十分にある。キズナ産駒がどれぐらいの成長曲線を描くのかまだ分からないが、来年に向けての期待は大きい馬である。

クラヴァシュドールは好スタートから、中団を追走し、外を回して、最後まで良く踏ん張って伸びた。新馬戦とサウジアラビアCは道中リラックスして走っていたが、今回はやや力みが見られた。レースの苦しさ知って気負い出したのか、それとも陣営の勝ちたい気持ちが伝わりすぎたのか分からないが、もう少しリラックスして走れるようになることが今後の課題となる。スピードは十分にあるし、血統的に距離が延びて良いタイプなので、この馬も来年に向けて楽しみが広がる。

1番人気のリアアメリアは、展開を踏まえると決して悪いポジションではなかったが、思いの外、手応えが悪くて伸びなかった。序盤からこれだけの速いペースで追走するのは初めての経験だけに、知らずのうちに脚を失ってしまったのではないか。最近は前半よりも後半が速いレースがほとんどで、リアアメリアのような切れるタイプが有利なのだが、突如強い逃げ馬が現れると真の強さが問われることになる。これを馬脚を現すという。

|

Comments

Post a comment