« 高松宮記念2020有力馬馬体評価 | Main | 逃げ馬と松若騎手は忘れた頃にやってくる »

どこまで馬体をきっちりと仕上げるか?

今回のテーマは、「どこまで馬体をきっちりと仕上げるかは、それぞれの馬によって違う」ということです。タワーオブロンドンやグランアレグリア、ダノンスマッシュなど、高松宮記念2020の出走馬の馬体解説をしながら、馬体と精神のバランスについて解き明かしていきます。

|

Comments

Post a comment