« May 2020 | Main

筋肉量を見る


【ROUNDERSチャンネル】今回は筋肉量を見るをテーマとして話しました。レースの距離や馬場に対して適切な筋肉量の馬を探すことが大切です。宝塚記念の出走馬の馬体評価も行っていますので、ご覧ください!

| | Comments (0)

アップセット!


安田記念2020ー観戦記ー
前走同様に逃げの手を打ったダノンスマッシュが作り出したのは、前半マイル45秒7、後半が45秒9という平均ペース。極端なスローでもハイペースでもなく、どこのポジションからでも勝ち負けになる、実力が問われるレース。それぞれが力を出し切ったが、勝ち馬が恐ろしく強かった。

勝ったグランアレグリアは、正攻法から早めに抜け出して、他馬を突き放す完璧な勝利。歴史に残る名牝と牡馬の強豪マイラーが集まったG1レースでの走りだけに、驚きを隠しえない。速い馬だとは思っていたが、ここまで速くて強いとは。周りに馬がいないスポットを走れたことは、グランアレグリアの末脚を引き出すためには大きくプラスに働いた。パドックでも集中して歩けていたように、ヴィクトリアマイルを回避したことで、体調も抜群に良かったのだろう。あらゆる全てが最高に整った、一世一代の大駆けである。

池添謙一騎手も見事な手綱さばきであった。道中はとにかくグランアレグリアを気分良く走らせることに専念し、馬の気持ちが高まったところで素直にゴーサインを出した。スイープトウショウやデュランダルなど、数々の難しい名馬の背から教えてもらってきたことが生きている。

圧倒的な1番人気に推され、大記録を期待されたアーモンドアイは、惜しくも2着に敗れてしまった。どれほどの名馬が力を出し切っても、大駆けに遭えばアップセットもあるのが競馬。シンボリルドルフもギャロップダイナに、ナリタブライアンもスターマンに屈した歴史がある。アーモンドアイはスタートこそやや遅れたが、道中は中団を進み、最後の直線では伸びてインディチャンプを交わしているように、力は出し切った。あえて言うならば、馬場が少し重かったことが切れ味を削がれることにつながり、勝ち馬にとっては有利に働いたことぐらいか。ため息しか出ないアーモンドアイファンも多いと思うが、決して力が衰えたわけではないので心配は無用だろう。G1レース8勝の歴史的瞬間が少し先に延びただけのことだ。夏の間は心身を休めて、秋は天皇賞秋とジャパンカップを目指してもらいたい。

インディチャンプはやや重め残りだったかもしれないが、力を存分に出し切っての3着。稍重馬場は、パワータイプの同馬にとっては決してマイナスではなかったが、結果的には斤量が2kg軽い牝馬にやられてしまったということだ。この馬も負けて強し。夏は充電して、秋に期待したい。

あわや馬券圏内に入りかけたノームコアは、最後の末脚が際立っていた。牡馬顔負けのフレームは力強く、今回のような馬場がプラスに働いたかもしれない。ダノンの3頭は早めに脚を失ってしまっていた。プレミアムは急仕上げ、キングリーは力んで走ってしまっている。

| | Comments (0)

前後躯のバランス(安田記念2020出走馬馬体評価)


【ROUNDERSチャンネル】今回は「前後躯のバランス」をテーマに話しました。アーモンドアイやインディチャンプ、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、アドマイヤマーズなど、安田記念2020の出走馬の馬体評価も行います。

| | Comments (0)

あの日のままに


日本ダービー2020ー観戦記ー
外枠からウインカーネリアンがハナに立ち、コルテジアがそれに続く。前半1200mが73秒5、後半が70秒6だから、超がつくスローペース。後方から行った馬にとってはノーチャンス、内を走った馬に有利という典型的な最近の日本ダービーであった。ただし、勝った馬だけは抜けて強い。

勝ったコントレイルは、自分よりも内の馬たちが出して来なかったことで、馬の出たなりで、ゴチャつくこともなく、逃げ馬の後ろという最高のポジションを取ることができた。この時点で勝利はほぼ確定していた。あとは馬群の内でじっと我慢して、直線での追い出しを待つのみ。すんなりと前も開き、後ろから来る馬を待ってからゴーサインを出す余裕すらあった。本当に追われたのはラスト300m~100mの間の200mぐらい。そこで見せた末脚は、もしかするとディープインパクトの最大かつ正統な後継者はコントレイルなのではと思わせるものであった。

コントレイルには思い入れがある。まだ名前も決まっていなかった父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングの当歳馬を見染め、その馬が日本ダービー馬となるなんて、私の一生のうちでもう2度とないだろう。前田オーナーとチームノースヒルズの皆さまには感謝しかない。
Photo_20200602191001

コントレイルは肉体的にも精神的にもまだ幼い馬である。ホープフルSのパドックではチャカついていたが、ダービーでは冷静に歩けていたように、ひとつずつ課題をクリアしながら勝ってきた。馬体にも随分と成長の余地がある。それは凄いことだ。この馬はダービーで終わらない。

福永騎手は2度目のダービー制覇となった。ワグネリアンで勝った時よりも、騎手がやるべきことがシンプルで(小細工をする必要がなく)、冷静に乗れたのではないか。最後の直線でムチを一発入れたとき、コントレイルがグッと伸びた一瞬は至福の時間であったろう。

サリオスは12番枠からの発走となったことが最初から最後まで尾を引いた。道中は後方の外目のポジションを進み、外を回して追い上げ、最後の直線に向いてからの末脚に賭けたが、コントレイルに届くはずもない。相手が悪いが、この馬も緩さが残る大型な馬体を揺らして頑張った。

ヴェルトライゼンデはコントレイルを後ろから見るポジションで走り、力を出し切った。中山競馬場向きだと考えていたが、今回のような切れ味勝負に対応できたのは、競走馬としての能力が高いからである。血統は侮れない。

サトノインプレッサと坂井瑠星騎手は、枠順を生かして、自分たちの全てを出し切った。馬体に芯が入っていない中、スタートしてから良いポジションは取れなかったが、最後は良く伸びている。順調に成長していけば、同厩舎のコントレイルの良きライバルになる可能性も十分にある。

| | Comments (0)

« May 2020 | Main