筋肉量を見る


【ROUNDERSチャンネル】今回は筋肉量を見るをテーマとして話しました。レースの距離や馬場に対して適切な筋肉量の馬を探すことが大切です。宝塚記念の出走馬の馬体評価も行っていますので、ご覧ください!

| | Comments (0)

アップセット!


安田記念2020ー観戦記ー
前走同様に逃げの手を打ったダノンスマッシュが作り出したのは、前半マイル45秒7、後半が45秒9という平均ペース。極端なスローでもハイペースでもなく、どこのポジションからでも勝ち負けになる、実力が問われるレース。それぞれが力を出し切ったが、勝ち馬が恐ろしく強かった。

勝ったグランアレグリアは、正攻法から早めに抜け出して、他馬を突き放す完璧な勝利。歴史に残る名牝と牡馬の強豪マイラーが集まったG1レースでの走りだけに、驚きを隠しえない。速い馬だとは思っていたが、ここまで速くて強いとは。周りに馬がいないスポットを走れたことは、グランアレグリアの末脚を引き出すためには大きくプラスに働いた。パドックでも集中して歩けていたように、ヴィクトリアマイルを回避したことで、体調も抜群に良かったのだろう。あらゆる全てが最高に整った、一世一代の大駆けである。

池添謙一騎手も見事な手綱さばきであった。道中はとにかくグランアレグリアを気分良く走らせることに専念し、馬の気持ちが高まったところで素直にゴーサインを出した。スイープトウショウやデュランダルなど、数々の難しい名馬の背から教えてもらってきたことが生きている。

圧倒的な1番人気に推され、大記録を期待されたアーモンドアイは、惜しくも2着に敗れてしまった。どれほどの名馬が力を出し切っても、大駆けに遭えばアップセットもあるのが競馬。シンボリルドルフもギャロップダイナに、ナリタブライアンもスターマンに屈した歴史がある。アーモンドアイはスタートこそやや遅れたが、道中は中団を進み、最後の直線では伸びてインディチャンプを交わしているように、力は出し切った。あえて言うならば、馬場が少し重かったことが切れ味を削がれることにつながり、勝ち馬にとっては有利に働いたことぐらいか。ため息しか出ないアーモンドアイファンも多いと思うが、決して力が衰えたわけではないので心配は無用だろう。G1レース8勝の歴史的瞬間が少し先に延びただけのことだ。夏の間は心身を休めて、秋は天皇賞秋とジャパンカップを目指してもらいたい。

インディチャンプはやや重め残りだったかもしれないが、力を存分に出し切っての3着。稍重馬場は、パワータイプの同馬にとっては決してマイナスではなかったが、結果的には斤量が2kg軽い牝馬にやられてしまったということだ。この馬も負けて強し。夏は充電して、秋に期待したい。

あわや馬券圏内に入りかけたノームコアは、最後の末脚が際立っていた。牡馬顔負けのフレームは力強く、今回のような馬場がプラスに働いたかもしれない。ダノンの3頭は早めに脚を失ってしまっていた。プレミアムは急仕上げ、キングリーは力んで走ってしまっている。

| | Comments (0)

前後躯のバランス(安田記念2020出走馬馬体評価)


【ROUNDERSチャンネル】今回は「前後躯のバランス」をテーマに話しました。アーモンドアイやインディチャンプ、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、アドマイヤマーズなど、安田記念2020の出走馬の馬体評価も行います。

| | Comments (0)

あの日のままに


日本ダービー2020ー観戦記ー
外枠からウインカーネリアンがハナに立ち、コルテジアがそれに続く。前半1200mが73秒5、後半が70秒6だから、超がつくスローペース。後方から行った馬にとってはノーチャンス、内を走った馬に有利という典型的な最近の日本ダービーであった。ただし、勝った馬だけは抜けて強い。

勝ったコントレイルは、自分よりも内の馬たちが出して来なかったことで、馬の出たなりで、ゴチャつくこともなく、逃げ馬の後ろという最高のポジションを取ることができた。この時点で勝利はほぼ確定していた。あとは馬群の内でじっと我慢して、直線での追い出しを待つのみ。すんなりと前も開き、後ろから来る馬を待ってからゴーサインを出す余裕すらあった。本当に追われたのはラスト300m~100mの間の200mぐらい。そこで見せた末脚は、もしかするとディープインパクトの最大かつ正統な後継者はコントレイルなのではと思わせるものであった。

コントレイルには思い入れがある。まだ名前も決まっていなかった父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングの当歳馬を見染め、その馬が日本ダービー馬となるなんて、私の一生のうちでもう2度とないだろう。前田オーナーとチームノースヒルズの皆さまには感謝しかない。
Photo_20200602191001

コントレイルは肉体的にも精神的にもまだ幼い馬である。ホープフルSのパドックではチャカついていたが、ダービーでは冷静に歩けていたように、ひとつずつ課題をクリアしながら勝ってきた。馬体にも随分と成長の余地がある。それは凄いことだ。この馬はダービーで終わらない。

福永騎手は2度目のダービー制覇となった。ワグネリアンで勝った時よりも、騎手がやるべきことがシンプルで(小細工をする必要がなく)、冷静に乗れたのではないか。最後の直線でムチを一発入れたとき、コントレイルがグッと伸びた一瞬は至福の時間であったろう。

サリオスは12番枠からの発走となったことが最初から最後まで尾を引いた。道中は後方の外目のポジションを進み、外を回して追い上げ、最後の直線に向いてからの末脚に賭けたが、コントレイルに届くはずもない。相手が悪いが、この馬も緩さが残る大型な馬体を揺らして頑張った。

ヴェルトライゼンデはコントレイルを後ろから見るポジションで走り、力を出し切った。中山競馬場向きだと考えていたが、今回のような切れ味勝負に対応できたのは、競走馬としての能力が高いからである。血統は侮れない。

サトノインプレッサと坂井瑠星騎手は、枠順を生かして、自分たちの全てを出し切った。馬体に芯が入っていない中、スタートしてから良いポジションは取れなかったが、最後は良く伸びている。順調に成長していけば、同厩舎のコントレイルの良きライバルになる可能性も十分にある。

| | Comments (0)

勝つためのポジションを走る馬を狙え【超・馬券のヒントvol.16】


【超・馬券のヒントvol.16】は、「勝つためのポジションを走る馬を狙え」です。日本ダービーが行われる府中芝2400mの勝ち方(勝つために走るポジション)について話しています。府中2400mのスペシャリストと呼ばれた嶋田功騎手も登場しますよ。ダービー予想の参考にどうぞ!

| | Comments (0)

「(府中芝2400mを走るための)馬体のバランスを見る」


今回は「(府中芝2400mを走るための)馬体のバランスを見る」がテーマです。コントレイルやサリオス、ガロアクリーク、ヴァルコス、ディープボンドなど、日本ダービー出走馬の馬体評価もしております。ご参考までに!

| | Comments (0)

G1レースを勝つには、隙のないレースをしなければならない【超・馬券のヒントvol.15】


【超・馬券のヒントvol.15】は「G1レースを勝つには、隙のないレースをしなければならない」がテーマ。2005年の宝塚記念を勝ったスイープトウショウと池添謙一騎手のコンビを岡部幸雄元騎手が評したコメントを引用させてもらいました。

| | Comments (0)

ダービーで乗り替わった騎手の不安【超・馬券のヒントvol.14】


【超・馬券のヒントvol.14】は「ダービーで乗り替わった騎手の不安」がテーマ。ダービーで乗り替わりがあった馬は、1986年以降【0・9・9・165】(昨年のデータ)。シリウスシンボリと加藤和宏騎手について語っています。

| | Comments (0)

松山騎手がサポートできたからこそ


オークス2020ー観戦記ー
大方の予想どおり、スマイルカナが先頭に立ち、前半1200mを72秒5、後半71秒9というスローペース流れた。こうなると外を走る馬や後方の馬にとっては苦しく、結局、内ラチ沿いを走った馬が上位を占めた。デアリングタクトは後方の苦しいポジションを1頭だけ違う末脚を使って覆した。

デアリングタクトは追い出してから、どこまでも伸びていく。馬場が重かろうが、パンパンの馬場だろうが関係ない。エピファネイア譲りの体幹の強さと、母父キングカメハメハのスタミナ、そして祖母デアリングハートからはスピードを譲り受けている。骨格も牡馬のようで完成度が高い。唯一心配していたのは、重馬場の桜花賞を激走した反動であったが、杞憂に終わった。というよりも、中間のデアリングタクトの馬体を見れば心配無用だと言っているようであった。腹袋はパンと張って、健康そのもの。カイ葉食いがほとんど落ちることなく、しっかりと食べられていた。デアリングタクトは無敗の桜花賞、オークス馬ということで、デビューしてからひとつも余計なレースを使わずにここまで来たのは凄い。完璧なキャリア。目一杯走る馬なので、この後は休養に入り、秋華賞→エリザベス女王杯と走り、来年はドバイあたりが目標になるだろう。

松山弘平騎手はデアリングタクトの強さを信じて騎乗できた。パドックでやや気合が乗っていたように、道中で喧嘩してしまうのが怖かっただろう。無理をしてポジションを取りに行かず、この馬の能力に賭けたのが吉と出た。G1でこれだけの人気馬に乗って後ろから行くのは簡単ではない。2017年の日本ダービーでアルアインに乗った後、「何もできなかった」と松山騎手は語ったが、あれから多くの経験を積み、今回のようなレースで勝利したことは実に素晴らしい。デアリングタクトが強かっただけで勝ったのではなく、松山騎手がサポートできたからこそ勝てたのである。

2着に入ったウインマリリンは、横山典弘騎手の見事な騎乗が光った。外枠から怖れることなく馬を出して行き、行く気を見せることで他馬を制して、スマイルカナの後ろのポジションに馬を収めることに成功した。この時点で勝負あり。外枠のハンデを騎手の判断で帳消しにしてみせた。ウインマリリンはそれほど見栄えがするタイプではないが、頑張り屋さんでスタミナもあるので、内の2番手を走れたら、最後まで力を出し切って好結果を出すことができる。この馬も夏を越して、秋華賞やエリザベス女王杯でどのような成長ぶりを見せてくれるのか楽しみな1頭である。

ウインマイティは内の3番手で脚を溜め、最後の直線ではあわや勝利かと思わせる走り。ゴール前では力尽きたが、和田騎手の手綱捌きは完璧であった。馬自身も2連勝して臨んできたように、まともに走るようになってきたところなのだろう。ゴールドシップ産駒らしい爆発力であった。

2番人気に推されたデゼルは馬体が幼いだけではなく、前走の疲れが取れていないのか馬体が寂しく映った。素質は高く、長い目で見て期待したい。クラヴァシュドールは良いポジションを取れたが、全く伸びなかった。筋肉量の多い馬体には距離が長いのと目に見えない疲れがあったかも。人気薄ながらも期待していたアブレイズはブービーと大敗した。これだけ負けたら乗り方云々ではないが、3番枠を引いたのに内ラチ沿いを取りに行かなかった騎乗は不可解。自然にスマイルカナの後ろを取れたはずで、迷って(遠慮して?)いるうちに横山騎手に外から取られてしまった。

| | Comments (0)

母系の良さを引き出すのが名種牡馬の証【超・馬券のヒントvol.12】


【超・馬券のヒントvol.12】 は「母系の良さを引き出すのが名種牡馬の証」がテーマ。エピファネイアを題材として、種牡馬の影響力について語ります。途中で二ノ宮元調教師の種牡馬の影響を100%引き出すのが最高の繁殖牝馬説も登場します。

| | Comments (0)

続けて負けないのが名馬


ヴィクトリアマイル2020ー観戦記ー
トロワゼトワルがスピードを生かしてハナに立ち、前半マイルが45秒6、後半が45秒0というスローペース。前が止まりにくい馬場も加わり、後ろから行った(スピードに乗るのに時間が掛かった)馬たちにとっては厳しかった。スローなのに1分30秒6という、典型的なスピードレース。

勝ったアーモンドアイは別次元の競馬をした。好スタートから楽々と追走し、最後の直線に向いたときも手応え抜群。ジョッキーのわずかな合図に応えてギアチェンジをすると、一完歩一完歩が跳ぶように伸びた。ゴール前は完全に流しており、牝馬同士のG1では力が違いすぎた。アーモンドアイの本質はマイラーである。古馬になり、肉体的に付くべきところに筋肉が付き、緩さがなくなってくると、その馬本来の肉体が浮かび上がってくる。長くても2000mまでの距離のレースが最適で走りやすい。続けて負けないのが名馬であり、陣営もそれを見事に実現した。次走は安田記念だろうが、ベストな条件だけに、負ける要素は見当たらない。それでも敢えて課題を挙げるとすれば、ここ最近はアーモンドアイ自身がゴール前で耳を立てて、気を抜くシーンが見られることぐらいか。ズバっと後ろから差されることだけには注意すべき。

サウンドキアラは外枠を心配していたが、スッと先行し、馬を前に置かずともキッチリ折り合っていた。この馬自身も相当に力を付けているが、さすがに今回は相手が悪かった。パワフルな馬体だけに、府中のマイル戦をこなせた意味は大きい。松山騎手も落ち着いて力を引き出した。

ノームコアは脚質的なこともあり、道中のポジションが後ろであったことが3着の理由である。昨年のような差しが決まるレースにはならなかったが、それでも最後まで良く伸びている。フレームの大きい馬体は府中のマイル戦にピッタリで、安田記念でも十分に勝負になるはず。

トロワゼトワルは最後まで粘り、あわや馬券圏内に残るかと思われたが実力馬3頭には割って入れなかった。差す競馬もできる馬だけに、コントラチェックを行かせて内の2番手につけたかったはずだが、枠順が悪かった。三浦皇成騎手は勝ちに行っている。近いうちにG1を勝てるはず。

ダノンファンタジーはソツないレースをしているが、勝つにはワンパンチ足りない。ラヴズオンリーユーは、こうしたスピードレースよりも、ゆったり行けるレースの方が現状では合っている。プリモシーンもそれなりに伸びてはいるが、昨年のVM時がピークだったかもしれない。

| | Comments (0)

腹を見る(オークス2020出走馬馬体評価)


【ROUNDERSチャンネル】今回は「腹を見る」をテーマに、デアリングタクトやウインマリリン、デゼル、クラヴァシュドールなど、オークス2020出走馬の馬体評価を行ってます。

| | Comments (0)

派手な追い込み勝ち後は凡走する【超・馬券のヒントvol.11】


【超・馬券のヒントvol.11】「派手な追い込み勝ち後は凡走する」をテーマとして語りました。2000年と2001年に京王杯SCを連覇したスティンガーの例を出して解説しています。

| | Comments (2)

美しい目をしたロードカナロア産駒を狙え【超・馬券のヒントvol.10】


【超・馬券のヒントvol.10】は「美しい目をしたロードカナロア産駒を狙え」がテーマ。馬の瞳には喜怒哀楽という感情だけではなく、気性や性格も映し出されます。アーモンドアイの瞳についても語っています。

| | Comments (0)

オルフェーヴル産駒は距離が延びてこそ【超・馬券のヒントvol.9】


【超・馬券のヒントvol.9】は「オルフェーヴル産駒は距離が延びてこそ」がテーマ。オルフェーヴルの現役時代を振り返りつつ、種牡馬としての未来についても語ります。

| | Comments (0)

«股と脛に焦点を当てる(ヴィクトリアマイル2020出走馬馬体評価)